No.11 ~ 発電所はどんな小動物対策を行うの? ~

2020/08/03 22:51
たな PRO 第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)

 
皆さんこんにちは
たなです。
 
7/17(金)に引越してから,高速通勤1hを継続しているごんたです...
いまのところなんとか会社へ通い続けておりますが,通勤が遠くなったことで,コケコッコーの掛け声とともに起床する生活を送っております(/・ω・)/
 
あっ 目覚ましの音が「コケコッコー」なんですけどね(/・ω・)/
 
とまぁ,くだらない前置きは置いときまして,今回は「発電所はどんな小動物対策を行うの?」をテーマに書かせて頂きます。
なぜ,このテーマかと申しますと,例年 春先~夏~初秋にかけて変電設備へ蛇など小動物が侵入し地絡故障を起こし停電したといったニュースをご覧になった方も多いのではないでしょうか?
もちろん,保安に携わっている方であれば小動物の対策はもちろんやっているよと言う
方も多いと思います。
ですが,最近 電気系問わず 工場での災害もよく聞きますので,まずは身近な設備保安
対策の話を出来ればと思い選定させて頂きました!!
 
 
 それでは,Let’s電力(/・ω・)/

 
まず,ごくごく一般的な対策になりますが,屋外に設置してある設備の周囲柵へは防蛇
網を取付,へびが登れないよう対策をしてます。
通常の柵ですと,簡単に蛇が侵入できてしまいますので,防蛇網は本当に効果がござい
ます。
その他,屋外ですと発電所建屋内へ鼠へ蛇が侵入するのを防止するため,忌避剤を建屋
壁面へ取付,近づかないよう対策を行います。
 
また,建屋内への侵入ルート(ケーブルダクトなど)へはシール材やラピッチパウダーを用いて物理的な侵入対策を行っております。
 
 
 
 
 簡単にまとめますと>>
 
        屋外機器周囲 ⇒ 防蛇網
 
        建屋周囲 ⇒ 忌避剤
 
        ケーブルルート ⇒ シール材やラピッチパウダー
 
 上記を主に用い対策を行います。

 
その他,各メーカがいろいろ対策品を出されておりますので,各環境や建屋構造に合わ
せて適正な製品を選ぶことが小動物対策に繋がります。
 現在,発電所+変電所は大半が遠隔運用です。現地に都度人が駐在しているわけでは
ございませんので,公衆保安を守るといった観点からも,小動物対策といったちょっと
した対策を確実に行い,本当に「安心+安全+安価」な電力供給ができるようにしまし
ょう!!
 
 特に,これから電力業界を担っていく若手の皆様!!
 
 大事なのは,目立たない地味な作業でも確実に行っていくことです(/・ω・)/
 
275kV系統の工事や発電機更新/発電所新設といった大きい工事も,もちろん大事です
 
が,一番大事なのは不要な停電(供給支障)を発生させないこと,すなわち公衆保安を
 
守ることに繋がります。そのことを忘れないで,安定した電力供給に努めて頂けると幸

いです。
 
 
 
 簡単ですが,以上になります。
 次回は,発変電規定の中から参考になりそうな内容を記事にしたいと思います。
 
 それでは,次回をお楽しみに(/・ω・)/

#ビル管理 #電気工事施工管理技士 #工事担任者 #その他 #雑学
たな PRO 第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
プロフィール閲覧ありがとうございます。電力会社:水力(発電機)担当して10年弱。現在は海外設備商社で技術営業をしております。 ツイッター:@gontadesu0303 ,アメブロ:URLリンクのほうです。

 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ