電験サロン PRO

電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数

  回答数:13

  参考になった数:123

現在、電気主任技術者をやっております。
電力会社、保安協会、メーカーでの勤務経験があります。
また、電験取得を目指されている方を応援するため、Youtubeで「電験サロン」というチャンネルで、勉強法や過去問解説、勉強会などの動画をアップしております。わかりやすい解説を心がけて作成しておりますので、電験取得を目指している方はぜひ参考にしていただければと思います。

  大分県

 ブログ一覧
電気系技術者としての道のり(3)
電気系技術者としての道のり(2)
電気系技術者としての道のり(1)
 回答一覧

電気設備の技術基準の解釈 第143条の内容に関してお伺い致します。 【電路の対地電圧の制限】(省令第15条、第56条第1項、第59条、第63条第1項、第64条) 第143条 住宅の屋内電路(電気機械器具内の電路を除く。以下この項において同じ。)の対地電圧は、150V以下であること。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。 一 定格消費電力が2kW以上の電気機械器具及びこれに電気を供給する屋内配線を次により施設する場合 イ 屋内配線は、当該電気機械器具のみに電気を供給するものであること。 ロ 電気機械器具の使用電圧及びこれに電気を供給する屋内配線の対地電圧は、300V以下であること。 ハ 屋内配線には、簡易接触防護措置を施すこと。 ニ 電気機械器具には、簡易接触防護措置を施すこと。ただし、次のいずれかに該当する場合は、この限りでない。 (イ) 電気機械器具のうち簡易接触防護措置を施さない部分が、絶縁性のある材料で堅ろうに作られたものである場合 (ロ) 電気機械器具を、乾燥した木製の床その他これに類する絶縁性のものの上でのみ取り扱うように施設する場合 ホ 電気機械器具は、屋内配線と直接接続して施設すること。 ヘ 電気機械器具に電気を供給する電路には、専用の開閉器及び過電流遮断器を施設すること。ただし、過電流遮断器が開閉機能を有するものである場合は、過電流遮断器のみとすることができる。 ト 電気機械器具に電気を供給する電路には、電路に地絡が生じたときに自動的に電路を遮断する装置を施設すること。ただし、次に適合する場合は、この限りでない。 (イ) 電気機械器具に電気を供給する電路の電源側に、次に適合する変圧器を施設すること。 (1) 絶縁変圧器であること。 (2) 定格容量は3kVA以下であること。 (3) 1次電圧は低圧であり、かつ、2次電圧は300V以下であること。 (ロ) (イ)の規定により施設する変圧器には、簡易接触防護措置を施すこと。 (ハ) (イ)の規定により施設する変圧器の負荷側の電路は、非接地であること。 二 当該住宅以外の場所に電気を供給するための屋内配線を次により施設する場合 イ 屋内配線の対地電圧は、300V以下であること。 ロ 人が触れるおそれがない隠ぺい場所に合成樹脂管工事、金属管工事又はケーブル工事により施設すること。 [・・・以下、省略] 一号の内容で、 電気機械器具が2kW以上で対地電圧が300V以下の場合は、簡易接触防護措置を施し屋内配線と直接接続、電路には専用の開閉器や過電流遮断器を布設などをすれば、対地電圧が150V以下でなくてもよいと記載されていると解釈しています。 この「消費電力が2kW以上」という制限が理解できません。「2kW以下」ならばわかるのですが、なぜ「2kW以上」なのでしょうか。 例えば、1kWの消費電力で対地電圧が200Vの電気機械器具は住宅電路に接続して使用できないということなのでしょうか。 消費電力2kW、対地電圧300Vの電気機械器具よりも安全なような気がします。 解釈が間違っているのでしょうか。 よろしくお願い致します。

2020/05/29 11:38

なぜ消費電力が2kW以上という決まりがあるのかというと、 結論から言えば、「2kW以上から経済的になるから」です。 原則、住宅内の屋内電路対地電圧は150V以下です。 ですが、例えば仮に、頻繁に使用する定格2kW以上の電気機器(200V)が、家の中にあったとすると、 機器の効率や、配線等の経済的観点から、3相での200Vを使用した方が経済的になります。 では、なぜ、2kW未満のものは対象になっていないか?というと、 単相での200Vを使用した場合の機器の効率や配線の経済性と、それほど変わらないためです。 ですから、2kW以上の場合は、 「対地電圧が150Vじゃなくても良いですよ、ただし、より安全な措置をしてくださいね」 という風に書いてあります。参考まで。

参考になった 9
   

電験二種の取得を目指しています。 皆様の電験二種合格体験記を教えてください。 合格に費やした時間や使用した参考書、 取得後にキャリアチェンジした人や 社内評価が変わった人などいましたら 教えていただきたいです。

2020/05/01 16:53

参考になるかわかりませんが、私の体験談を書かせていただきます。 二種の合格に費やした時間は、1次と2次試験含めて2年かかりました。 最初の年は、1次4科目同時合格で、二次試験不合格、翌年に1次免除で二次合格です。 厳密な時間は覚えていませんが、当時学生だったこともあり、細切れの時間等も含めれば、 学校での時間を除いて、最低でも毎日3~4時間以上は勉強していたと思います。 特に休日は、急用がなければ丸1日勉強していたこともありました。 次に使用した参考書ですが、1次も2次も最初に「これだけシリーズ」を使いました。 が、イルカさんも同様のことを書かれていますが、このシリーズは解説等わかりやすいですが、 この参考書だけでは、合格点に達するのは難しいです。 そこで、次に使用したのが、「完全マスターシリーズ」と「過去問」です。 とにかくこの2つに記載されている問題を、何度も繰り返し解きました。 問題を見て解き方がパッと思い浮かぶまで、わからない問題は記録して何度も解きました。 (特に2次試験は、解法がすぐに思い浮かばないと時間が足りなくなります!) 1次試験はこの方法で1発で合格することが出来ました。 が、2次試験でつまずきました。 というのも、当時学生だったこともあり、現場での実務や実際の設備など、 なかなかイメージしづらいものも多く、論説問題が全くといっていいほど、頭に入ってきませんでした。 そこで私の場合は、「計算問題を確実に解く+論説で部分点→合格点をとる」という考えで 勉強を進めました。ですから、7:3くらいの割合で計算問題に特化して勉強していたと思います。 論説は、例えば模範解答の暗記などを試みていましたが、完全に覚えられていたわけではないので、 試験当日も、回答には全て箇条書きで、自分が覚えたことを絞り出して書いたのを覚えています。 それから、キャリアチェンジや社内評価ですが、 学生時代に2種を取得して、私は最初、新卒で電力会社に入社しました(配電)。 2種を取得して電力会社に入社する方は、ほぼいなかったため、 当時は「すごいね、君!?」とはよく言われました。 が、それが社内評価(査定という意味)に直結するか?と言われれば、それはほぼありません。 当然ですが、やはり資格よりも業務の実績で評価されます。 その後、メーカー(東証1部上場企業:特高)や保安協会での勤務経験がありますが、 いずれも「電験2種を試験で取得している」というだけで、多少良い風に見ていただけるというバイアスは かかっていたと思います。が、電力会社の時と同様で、評価(査定)はやはり業務実績です。 ただし、「転職する」という1点に限っては、かなり有利に働きます。これは私自身も驚きました。 例えば、転職エージェントに電験2種を保有していて、実務経験もあると言えば、 まず間違いなく、様々な企業を斡旋してもらえます。 特にメーカーであれば、東証1部上場等の大手企業へのキャリアパスもかなりあります。 しかも電験の場合は、普通の転職とは違い、年齢の制限も高いことが多いので、 若いうちに取得して実務経験を積んでおけば、選択肢を自分で好きなように選べると思います。 (あくまで、現状です。今後、10年後、20年後どうなっているかはわかりません) 最後に私の電験2種取得の感想ですが、はっきり言って2種の勉強は辛いです。 長い間、「勉強する」という忍耐力を試されているような感じがずっとしていました。 しかしその分、合格した時の喜びや、達成感、更には得られるものもかなり多いです。 私の場合は、様々なキャリアを経験できるきっかけになりましたし、 電気に関する知識がつくのはもちろんのこと、自分に対する自信もつきました。 それから社内で、2種を取得されている方を見ていると、 やはり取得されている方のほうが、仕事もバリバリと出来ている印象が間違いなくあります。 また、2種を取得できるくらい勉強されていれば、勉強する習慣が間違いなくついているでしょうし、 勉強のコツみたいなものも自分自身の中で確立できていると思います。 この状態になれば、他の資格を取得する際もあまり苦にならず勉強・取得できると思います。 ちなみに私はTOEICで860のスコアを取得しています。このスコアは周りからすごい!とよく言われますが、 電験2種の取得に比べれば簡単だと断言できます。(最初は300くらいでした。。。) それくらい2種は取得が難しく、その分やりがいのある資格です!! ぜひ取得を目指して頑張ってください!応援しています!!

参考になった 10
   

電験の勉強をしていて疑問に思ったのですが、中性線接地方式に非接地方式というもの があります。 線路のどこかを接地しないと問題が起きるのではないでしょうか?

2020/04/29 00:39

非接地方式は、6.6kV配電線に用いられています(街中の電柱に架線された電線などがそうです)。 接地しないと、なんとなく危険じゃないの?というイメージがあるかもしれません。 確かに非接地方式の場合、1線地絡発生時に、健全相の電圧が√3倍に跳ね上がります。 割合としては大きく感じられるものの、その絶対値としては系統電圧が6.6kVと低いので、 それほど大きくなりませんし、絶縁や機械強度にも耐えられるレベルです。 一方、非接地方式では地絡電流が小さくなるので、通信線に対する電磁誘導障害の防止につながります。 日本の都市部等の電柱を見れば、電線以外にも、かなりの数の通信線が、同一の柱に架線されているかと思います。こうした通信線に対する通信障害を防げるメリットが大きいようです。 また、高低圧混触時に低圧線の対地電圧上昇も抑制できるので、 感電や火災発生のリスク低減につながるメリットもあります。

参考になった 9
   

電験三種の試験用紙についてお伺い致します。 電気技術者試験センターで試験の問題と解答をダウンローしてみたところ意外と余白が少ないと感じました。 問題用紙のページ数が多いため、両面印刷で用紙の裏面を計算やメモに使用することはできないように思えます(勝手な想像ですが・・・)。 問題用紙は両面印刷のA4サイズなのでしょうか。 それとも他のサイズ(B4、A3など)なのでしょうか。 細かい字を書くのが苦手なので、ちょっと心配しています。

2020/04/24 06:09

電験三種の問題用紙は、両面印刷のA4サイズの冊子だったと思います。 見開きにするとA3サイズですね。 意外と問題用紙に余白がありますので、ある程度大きな文字でもメモや計算過程を書くには十分かと思います。 (書かれてある通り、試験センターの問題のPDFは余白が小さく感じますね。。。) また語句のみを答える問題等は余白が結構ありますし、これらも使用すれば、 それほど心配する必要はないかと思います。

参考になった 7
   

断器、断路器、負荷開閉器の違いがよくわからないので使う場所やそれぞれの性能の違いについて教えてください。

2020/04/22 18:09

私も電気を学びたての頃は、遮断器、断路器、負荷開閉器の違いがよくわかりませんでした。 特に、高圧の設備を学び始めると、かならず疑問に思うところではないでしょうか。 ネットや書籍などに各設備の解説がたくさんありますが、 いずれも専門用語が多かったり、文書だけの説明でイメージしずらかったりするので、 最初は理解しづらかもしれません。 上記で、nasuさまが詳しくご説明されておりますので、重複する部分もあるかと思いますが、 ここでは少しでもイメージしやすくするため、簡単な概略を説明しますね。 まず、遮断器、断路器、負荷開閉器はいずれも、高圧の自家用電気設備で多く用いられます。 一般的に多いのは、キュービクルという電気設備を納める小さな建物の中に設置します。 それぞれの用途ですが、 まず断路器というのは、受電設備の一番電源側に設置されていて、電路の開閉(入、切)を行うものです。 物理的に電線路を切り離す役割をします。 ただし覚えておかないといけないのは、この断路器は負荷電流を切ることができません。 どういうことかというと、電気設備に電流が流れているときに、 「断路器は電路の開閉ができるものだ!」と思って、切ろうとすると、 アーク(電気、火花)が発生する恐れがあり、かなり危険かつ、 波及事故等(電力会社の変電所設備が停電→街中が停電)にも繋がる恐れがあります。 ですから、断路器は、停電した状態で入、切の操作を行います。 断路器は受電設備の一番電源側に設置されていますので、この断路器を切っておけば、 受電設備内に電気が入ってくることはないので、安全に点検等が行えます。 次に負荷開閉器ですが、これは断路器と同じで電路の開閉が出来ます。 さらに、「電流が流れていても入、切の操作が可能」なのが特徴です。 ただし、気をつけなければいけないのは、定格電流以下の場合ということです。 短絡などの大電流が流れる事故が発生した場合は、その大電流を切ることはできません。 ではどうするか?というと、負荷開閉器にヒューズを設けておいて、 大電流が流れた時は、そのヒューズの溶断で保護します。(ヒューズが切れたら取り替えが必要です) 最後に、遮断器ですが、 これは、負荷開閉器と同じで電路の開閉、また、電流が流れていても入切が可能です。 さらに、負荷開閉器とは違い、事故電流などの大きな電流を切ることも出来ます。 ただし、大電流が流れたとき、自動でこの遮断器が切ってくれるわけではありません。 では、どうやって切るか?というと、 過電流継電器(リレー)などを一緒に設置して、大電流が流れたら、 それを知らせる信号を遮断器に送って、遮断器を動作させています。 ざっくりですが、受電設備の容量が大きいところは、「断路器+遮断器」、 容量が小さいところは、「負荷開閉器」、のようなイメージです。参考まで。

参考になった 8
   

電験三種 機械 平成30年 問6 についてお伺い致します。 定格容量P[kV⋅A],定格電圧V[V]の星形結線の三相同期発電機がある。 電機子電流が定格電流の40%, 負荷力率が遅れ86.6%(cos30°=0.866), 定格電圧でこの発電機を運転している。 このときのベクトル図を描いて,負荷角δの値[°]として,最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。 ただし,この発電機の電機子巻線の1相当たりの同期リアクタンスは単位法で 0.915 p.u. , 1相当たりの抵抗は無視できるものとし,同期リアクタンスは磁気飽和等に影響されず一定であるとする。 (1) 0  (2) 15  (3) 30  (4) 45  (5) 60 p.u.の基準はどのように決めたらよいのでしょうか。 本の解説には負荷の端子電圧を基準にしているのですが、それはなぜなのでしょうか。 例えば、発電機の誘導起電力が基準とならないのはどうしてなのでしょうか。 また、%Zのときは基準容量(例えば基準容量)が記載されていて明確なのですが、基準が記載されていないp.u.のときは問題文から判断しなければならないのでしょうか。 よろしくお願い致します。

2020/04/18 16:32

p.u.法はとても便利な計算方法ですが、%Z法などとあわせて出てくると、混乱してきますよね。 p.u.法を使用するとき、何を基準にするかは基本的に「原則」があります。 p.u.と言うのは、「パー・ユニット」の略で、「単位あたりの~」とか「基準あたりの~」のような意味になります。 ですから、基準には、基準となるようなもの、すなわち「定格~」を選定して計算していきます。 ~に該当するもので、圧倒的に多いものは定格電圧や定格容量です。 これにより基準電圧と基準容量が決まれば、基準電流や基準のインピーダンスも算出することができ、さまざまな問題を解いていくことができます。 今回の問題に限らず、電験の問題では、電圧を基準にすることが多い(基準電圧だけでなく、ベクトルなどでも電圧が基準になることが非常に多い)ので、この機会にマスターしておくと、様々な問題が解きやすくなるかと思います。

参考になった 10
   

某保安協会に新卒で入社しました。 これから研修もはじまり、不安と楽しみが半々です。 諸先輩方にお伺いしたいのですが、 1年目に覚えるべき業務や作業などありましたら教えてください。 辛いことや楽しいことなどもありましたら是非聞いてみたいです。

2020/04/18 11:22

私は保安協会での勤務経験があります。 (多少、各保安協会によって違いがあるかもしれませんが、  大筋では同じかと思いますので、参考程度に読んでください) 保安協会で新卒で入社されたら、何よりもまずやるべきことは、 ”電験三種を早期に取得する”ことです。(保有していたらすみません) これに尽きます。 保安業務でお客さまを担当する(従事者資格を得る)には、 電験三種の資格プラス実務経験が5年必要になります。 注意しないといけないのは、この5年というのは、資格を取得してから5年です。 資格を取得する前の実務経験は、2分の1カウントされます。 どういうことかと言うと、資格を取得する前の実務経験は、 例えば4年働いていても、実務経験としては、 2年とカウントされてしまいます。 なので、早期に電験三種を取得して、 早く実務経験を積み、従事者資格を得ることが大切です。 仕事自体は、基本、点検業務を繰り返し行っていきますので、 嫌でも作業などは自然と覚えていきますので、それほど心配しなくても大丈夫です。 強いて挙げるとするなら、若い方であれば、 作業では継電器試験(リレー)、あと、 各作業の理論的な背景(保護協調など)をひとつずつしっかりと理解されていくのが良いかと思います。 保安協会の中には、作業が出来ても、 理論的な背景はよく分かっていないという方も意外といらっしゃいます。 若いうちにこういところをしっかりと学んでいくと、 今後の技術者人生ではかなり大きなプラスとなると思いますので、 ぜひ取り組んでみてください。 私は、電力会社、メーカー、保安協会での勤務経験がありますが、 保安協会は、地域のお客さまと非常に近い立場で働くことができ、 いろんな人、業種のみなさまのお役に立てているという実感を肌で感じることができます。 とてもやりがいのあるお仕事ですので、ぜひ楽しみながら、 保安協会業務、頑張ってください。

参考になった 10
   

自宅のエコキュートでエラーコードF24が表示されました。 原因は何でしょうか? できれば対処法も教えてください。

2020/04/18 10:57

エコキュートのメーカは恐らくPanasonic(National)でしょうか。 その場合、PanasonicのCSページに以下の記載が原因として挙げられています。 自己診断コード:F24 冷凍サイクル異常。 ①タンクに残湯ありの状態でヒートポンプ配管の戻り(湯側)、往き(水側)を逆接続した。 ②出湯サーミスターが外れた。 ③沸き上げポンプの作動確認。 ④膨張弁コイルの抵抗値確認。(正常)46±3Ω(20℃) ⑤冷媒漏れ。 対処法も、以下のように記載があります。 F24の処置方法 ①ヒートポンプ配管の点検、修正。 ②出湯サーミスターの正規取付。 ③沸き上げポンプの点検、交換または、プリント基板交換。 ④膨張弁コイル交換。 ⑤冷媒漏れはヒートポンプユニット対応。 ↑これらは、電気工事等に精通していない限り、個人での処置は難しいかと思いますので、 専門の業者さんに頼まれるのが良いかと思います。 恐らく、エコキュートの機器に連絡先のシール等が張ってあるかと思いますので、 お問い合わせされることをおススメ致します。

参考になった 4
   

2014年度電験三種理論の過去問で、 真空中において、負に帯電した帯電体Aを、帯電していない絶縁された導体Bに近づけると、導体Bも帯電体Aに近い側の表面c付近に正の電荷が現れ、それと反対側の表面d付近に負の電荷が現れる。 と解答があるのですが、反対側に負の電荷が現れるのはなぜでしょうか。 解説していただければ助かります。

2020/04/17 22:39

下の図を参考にしてみてください。 まず、帯電していない導体(右)を、負に帯電した導体(左)へ限りなく近づけた状態を考えます。 すると、負に帯電した導体の付近では、図①の矢印の方向(左向き)に電界Eがはたらいています。 この時、帯電していない導体(右)の中の「負の電荷(自由電子)」が 図②のように、電界と逆向きの方向に力を受けて移動します。 つまり右の方に負の電荷が偏ります。 もともと、この導体は帯電していなかったので、プラスマイナス0となるように、 左側に正の電荷が偏ります(正に帯電します)。 そしてここからは参考ですが、 右に負の電荷、左に正の電荷が現れるので、図③のように、 この導体の中にも電界E'が発生します。 そして負の電荷と正の電荷の偏りが大きくなるにつれ、 この電界E'もどんどんと大きくなり、最終的には、電界Eと電界E'が同じ値になります。 つまり電界が打ち消しあう状態になり0となります。 電界が0ということは、導体内の電位差も当然0になります。 この導体内は等電位という性質は電験ではよく出てきますので、 覚えておかれると良いかと思います。ぜひ参考まで。

参考になった 9
   

電験三種 電力 平成23年 問8 についてお伺い致します。 問8 受変電設備や送配電設備に設置されるリアクトルに関する記述として、誤っているものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。 (1) 分路リアクトルは,電力系続から遅れ無効電力を吸収し,系統の電圧調整を行うために設置される。母線や変圧器の二次側・三次側に接続し,負荷変動に応じて投入したり切り離したりして使用される。 (2) 限流リアクトルは、系統故障時の故障電流を抑制するために用いられる。保護すべき機器と直列に接続する。 (3) 電力用コンデンサに用いられる直列リアクトルは、コンデンサ回路投入時の突入電流を抑制し、コンデンサによる高調波障害の拡大を防ぐことで、電圧波形のひずみを改善するために設ける。コンデンサと直列に接続し、回路に並列に設置する。 (4) 消弧リアクトルは、三相電力系統において送電線路にアーク接地を生じた場合、進相電流を補償し、アークを消滅させ、送電を継続するために用いられる。三相変圧器の中性点と大地間に接続する。 (5) 補償リアクトル接地方式は、66kVから154kVの架空送電線において、対地静電容量によって発生する地絡故障時の充電電流による通信機器への影響を抑制するために用いられる。中性点接地抵抗器と直列に補償リアクトルを接続する。 正解 (5) (1)は正しい選択肢となっています。 「分路リアクトルは、電力系統から遅れ無効電力を吸収し、系統の電圧調整を行うために設置される」という部分が、分かりにくく理解できません。 分路リアクトルは遅れ電流を流し、電圧を低下(進み力率を改善)させるものと思っています。 「遅れ無効電力を吸収」と同意なのでしょうか。 読解力の問題かもしれませんが、よろしくお願い致します。

2020/04/12 11:39

この問題は、しっかり勉強されている方ほど、悩みやすい問題かと思います。 日本語の捉え方で混乱してしまいますね。 基本的には質問者さまが書いておられるように、 「リアクトルは遅れ電流を流し、電圧を低下(進み力率を改善)させるもの」で間違いありません。 ポイントは分路リアクトルは、「系統に並列に接続される」ということです。 添付ファイルの図を見ていただいた上で、以下の解説を読んでみてください。 例えば、リアクトルを並列に入れることによって、 力率が全体で1となる、図のような負荷との並列回路を想像してください。 (リアクトルをいれなければ、進みの系統) リアクトルには遅相電流が、負荷には、進相電流が、流れます。 ということは、系全体で流れている電流の「遅れ分」は分路リアクトルで流れていることになります。 なのでこれを、問題文では「遅れ無効電力を吸収」と書いています。 参考まで。

参考になった 10
   

ガスコンロからIHクッキングヒーターに替えるにあたり、 業者の人から見積りを取ったところ15万円と言われました。 内訳をみても配線工事一式やブレーカー増設工事一式と記載してあり、 よく分かりません。 IH導入の電気工事の内容と費用の相場はどれくらいでしょうか? ご教授ください。

2020/04/12 10:50

費用の相場ですが、「相場は◯◯万円です」と回答したいのですが、 これは質問者さまの設備状況によって金額も大きく変わってきますので、 参考程度に書かせていただきますね。 一般の家庭用の場合、これも規模によりますが、 例えば一人とか二人暮らし程度であれば、近くにコンセントさえあれば、 家電量販店に売っているようなIH機器を購入して、自分で据えることも出来ます。 自分で行う作業は、機器を据えることと、コンセントに電源コードを差すだけです。 注意しないといけないのは、IHは電気を結構使いますので、他の電気機器を同じコンセントからは 取らない方が良いです。(電源ブレーカーが落ちる可能性が高いです) ↑これが一番安くIHを設置できるかと思います。 次に、比較的大容量(電気を多く使う)のIHを設置しないといけない場合です。 この場合、工事業者の方が仰っているとおり、配線工事(多くの電気を流すので、太い配線に変えたり)、 ブレーカー増設工事(他の電気機器と共用しないIH専用のブレーカーを設置)が必要になってくることがあります。 一般のご家庭であれば、人件費、機器代、材料費を考えても、15万円は少し高いような気がします。 ですので、金額を交渉されるか、他の業者で相見積もりをとることをお勧め致します。 ただし先にも申し上げたとおり、設備規模によって金額は変わりますので、 参考程度にしていただければ幸いです。

参考になった 6
   

誘導性負荷と容量性負荷についてお伺い致します。 誘導性負荷は、例えばモータなどのように等価回路として抵抗とインダクタが直列に繋がっているものだと思うのですが、容量性負荷のイメージがわきません。 具体的にはどのようなものが容量性負荷に相当するのでしょうか。 また容量性負荷は抵抗とキャパシタの組合せだと思いますが、等価回路はどのように考えたらよろしいのでしょうか。 よろしくお願い致します。

2020/04/12 10:29

みなさんがとても詳しい説明をされていますので、ここでは簡単な具体例を挙げますね。 容量性負荷は、ズバリ、「コンデンサ」のことです。 質問者さまが仰っているとおり、モーター等は誘導性負荷で、 こうした誘導性負荷がたくさん回路中にあると力率が悪くなります。 力率が悪くなると、電気が効率良く送れなくなるため、 ロスが多くなって、自家用のお客様などは、電気料金がとても高くなってしまいます。 ですので、容量性負荷であるコンデンサを入れることで、 この力率を改善するのが一般的です。 ちなみに、このコンデンサを入れる場合は回路に並列に入れるのが一般的です。 参考まで。

参考になった 8
   

電験三種を本格的に一発合格を目指してるところで今理論、電力を勉強してます。そこで今気になってるのが電力、機械、法規の覚える所がすごく多い印象があり、どう対応すればいいのか、どう覚えたのかが気になってます。 教えてほしいです。お願いします。 取得している資格は 一種電気工事士 2級電気施工管理技士 消防設備士甲種4類を取得済みです。その3つの資格は電験に関係してるかも聞きたいです。

2020/04/05 18:02

電験三種の一発合格を目指されているということで、少しでもお役に立てればと思いコメントさせていただきます。電験は、2種1次までは、勉強のカテゴリが計算と暗記に大別されます。まず計算問題ですが、理論、電力、機会、法規、それぞれに計算問題がありますが、計算に限っては、とにかく問題集を何度も繰り返し解いて、パターンを覚えることです。この時、選定する問題集ですが、圧倒的におすすめは、「オーム社の完全マスター」と「過去問」です。はっきり言って、これだけで十分合格出来ます。というか、ほぼこれで網羅されていますので、あとは値が違ったり、組み合わせの問題がほとんどです。とにかく繰り返し解いて、あぁこの問題はこうやって解けば良い!というのが問題を見てすぐにわかるレベルまで繰り返すことです。次に、暗記ですが、暗記系の勉強法にはコツがあります。それは高速で問題集を回すことです。例えば、法規で覚える単元が10項目あった場合、答えを隠して問題を読み、答えを頭の中で思い浮かべます。わからなければすぐに答えを見て、覚えます。ここでは完璧に覚える必要はなく、うろ覚えでも良いので、とにかくどんどん問題を覚えていき、10単元を一通り終わらせます。そして、間髪入れず、すぐに最初の単元に戻り、同じ要領で繰り返します。これを高速で回します。高速+何度も、というのがポイントです。では、問題はどのように時間を捻出するか?ですが、とにかく問題集を持ち歩いて、少しでも暇があれば問題を解くことです。また、暗記系などは携帯のボイスレコーダーに録音しておき、歩いている時、運転している時などに聞けば、かなり覚えられます。そして重要なのは試験日までの日数をカウントしておくことです。そうすることで、無意識のうちに危機意識が高まります。ぜひ実践してみてください。それから、持たれている資格ですが、電験に関係があるのは、電気工事士のみかと思います。消防設備士などは電験には直接関係はありませんが、電験をとって保安協会等で主任技術者をすれば、付帯で消防点検等もありますので、役にたつかもしれません。

参考になった 8
   
コメント一覧
2020/04/18 11:38

コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

参考になった 1