おしょー

  回答数:1

  参考になった数:3

 回答一覧

4人家族で主婦をしています。毎年夏になると電気代が上がるので、みなさんの省エネ術などありましたら教えてください。エアコンをつけっぱなしの方が電気代が安くなるとよく聞くのですが本当なのでしょうか?電気に詳しい人、その辺もご教授いただけると助かります。

2020/06/18 18:55

以前空調機メーカーの研究開発をしていた者です。 エアコンの省エネに関してですが、エアコンには室外機に圧縮機が搭載されており、圧縮機の運転が電気代の大半を占めます。 頻繁に入切をすると、その影響で電気代はあがります。 つけっぱなしとどちらがいいかというご質問に対しては、部屋のや大きさや気密性、エアコンの設置状況によりけりなので、一概にどちらがいいとは言えません。 フィルターの目詰まりや室外機の周りに物がおいてある事などは直結して電気代に影響するので、改善の余地はあると思います。 また、一般的に、除湿の方が電気代が安くなると思われがちですが、これも除湿の方式によります。(所持されているエアコンがどちらの方式かはネットなどで調べてみて下さい) 除湿には ①弱冷房式 ②再熱除湿式 という2つの方法があります。 ①は読んで字の如く、冷房の弱いモードで運転して、徐々に湿度を下げる方式です。 こちらの方式は通常の運転より電気代は下がりますが、快適に感じられるまでの時間が長くかかり、すぐに涼しいと思えるような空気環境にはなりません。 ②はエアコン内で空気を露点温度まで冷やし、空気中の水分を結露させたような状態にします(氷を入れたグラスに水滴がついて、空気中の水分が出てくるようなものです) しかし、この露点温度はエアコンの設定温度よりとても低いので、設定温度にするために、空気をヒーターで加熱し、温度を上げてから室内に吐き出させます。 一度一気に冷やしてからヒーターで加熱して温度を戻すので、冷房よりも余分な電気代がかかります。 エアコンにはどちらか片方の方式が搭載される場合がほとんどですが、 電気代を下げたくてもお持ちのエアコンが②の除湿方式だと電気代は上がります。また①の方式では電気代は安いですが、部屋はなかなか涼しくなりません。 以上の事により、省エネと快適性の両方をとるなら、個人的には除湿ではなく、冷房の自動運転をお勧めします。

参考になった 3