サイリスタの原理について

2020/05/28 11:28



数多くある半導体の種類の中で、主任技術者も覚えておくべき基本的な素子としてサイリスタがあります。
それで今回は、サイリスタの概要を説明をします。


サイリスタは下記の構造・記号で表します。

サイリスタ-1024x276.png 22.1 KB



サイリスタは、p型半導体とn型半導体をpnpnで重ねた4層構造の素子です。
入力部はA(アノード)、出力部はK(カソード)と呼ばれ、入力部から3つ目のp型半導体にG(ゲート)が設けられているのが構造上の特徴といえます。


記号からもわかる通り、動作はダイオードに似ています。A→Kに電流は流れますが、逆向きでは電流は流れません。
しかし、ダイオードのようにA→K間に電流を流しただけでは導通せず、Gに電流を流すことによってA-K間が導通します。一度A-K間に流れた電流は電源をOFFにするまで止まることはなく、これを「なだれ降伏」と呼びます。




直流ではA-K間をOFFにしないといけませんが、交流の場合は電流の向きが逆になった時になだれ降伏も止まります。


特性からもわかるようにサイリスタの主な役割は、スイッチングです。
特に電気設備のように大きな電力を扱う制御回路に使用する場合、電流が0になるとOFFになるので電源OFFによる過電流防止機能に優れたスイッチと言えるでしょう。


サイリスタは構造は複雑ではありませんが、動作に特徴のある半導体素子です。
特性と他の素子との用途の違いをしっかり覚えておくようにしましょう。



 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
311

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


5
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
118

参考になった数


6
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


7
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


8
NobodyDid
電験一種、一陸技
67

参考になった数


9
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
63

参考になった数


10
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト