静電容量と合成静電容量

2020/05/28 16:57



「クーロンの法則」や「電界の強さ」はコンデンサを理解するための基本です。
ここではコンデンサそのものの理解を深めましょう。


はじめにコンデンサとはどんなものか簡単に取り上げます。
コンデンサは、2つの導体(電極板)を少し離して向かい合わせに置き、それぞれの導体に電圧をかけると片方の導体の表面に+、もう片方の導体に−の静電気が帯電するという構造の装置です。
詳細は別のときに説明しますが、コンデンサは電気設備の力率改善のために重要な役割を果たします。



では今回は、コンデンサの能力を表す「静電容量」について取り上げます。
静電容量とはコンデンサに蓄えられる電荷の蓄えやすさを表すもので、単位はF(ファラド)です。
静電容量にはどんな要素が関係するでしょうか。
電極板の面積、電極板間の距離が能力を左右する要素となり、静電容量を求める式は次のとおりです。


Q=CV


Q:電荷 [単位:C(クーロン)]
C:静電容量 [単位:F(ファラド)]
V:電圧 [単位:V]
この式では電極板間は真空になりますが、別の物質を挟むと誘電率は変わり、材質ごとに「比誘電率」(ε)は定数となっています。


さらに、試験ではコンデンサを複数使ったときの回路内の全体の静電容量(合成静電容量)を求める設問が出ることがあります。その求め方も理解しておきましょう。
ポイントとなるのは、コンデンサにかかる電圧(V)と蓄えられる電荷(C)の関係です。
並列接続の場合は、各コンデンサの静電容量を足すことで求められます。下記のとおりです。


合成静電容量並列-2048x1636.jpg 93.6 KB


次に直列接続です。この場合は少し難しく、下記のとおりです。

合成静電容量直列-768x912.jpg 42 KB


コンデンサの能力を表す静電容量を理解することは、理論の分野で重要なポイントとなります。合成静電容量の求め方も練習問題などを活用して正しく理解しておきましょう。


 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
311

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


5
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
118

参考になった数


6
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


7
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


8
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
61

参考になった数


9
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


10
NobodyDid
電験一種、一陸技
58

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト