日々の業務での疑問⁉️

2020/06/25 19:46
電気技術者ビリビリ PRO 電気主任技術者2種、エネルギー管理士(電気)、第一種電気工事士(試験合格) 工場電気担当

こんばんわ
電気技術者ビリビリです。

今日は電気設備管理の立場での
仕事の中で感じた疑問を少し語れたら
と思います。😃

工場の電気に関する設備は
多種様々ですが今回は工場内に必要な
電力を送る受配電設備についての疑問を
語りたいと思います。

受配電設備とは・・・
電力会社から送られてくる電力を工場で
必要な電圧に変換して各現場に振り分ける
設備です。
(電力会社にも同様な設備があり、電力
 会社の場合はさらに規模を大きくした
 感じです)

受配電設備の機能はシンプルであり
1、電気を変換し配る
2、過大な電気が流れれば回路を遮断する

以上の2つに集約されると思います。

そんな受配電設備も過去のメカ的な
部分も含んだ設備から電子回路を使った
システムへと変化して来ています。

しかし、その受配電設備の点検作業は
現在でも人が試験機材を使って点検、
試験をしており人が作業しやすい構造
が求められます。
また、トラブル時に現地で仮線等を
使って対応する可能性もあります。

ですが、システムへの変化の中で
コネクタ化や通信化など、容易に点検等が
しづらい構造になって来ました。
受配電設備自体の本質的機能はシンプルで
あり、トラブル時にはジャンパー線等で
応急措置などを行う事があるので、過度な
システム化はトラブル対応力の低下等が
あると思うので操作や遮断回路等は昔ながら
の方式が良いように感じます。

特に古くなってくるとメンテナンス性は
非常に大事です‼️

皆さんは
この流れをどう感じておられますか❓

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最近M社製の保護継電器のトリップ
接点(遮断回路)がコネクタでテスターを
当てられない事を知り少し語りたくなり
ました。(当該の保護継電器はかなり
実績のあるもので今更知りました。😂)




#高圧設備 #第一種電気工事士 #電験三種 #電験二種
電気技術者ビリビリ PRO 電気主任技術者2種、エネルギー管理士(電気)、第一種電気工事士(試験合格) 工場電気担当
電気関係職場を複数社経験 現在、工場の電気管理担当として勤務

 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ