工場の電気屋とは

2020/05/23 17:39
ビリビリ@電気技術者 PRO 電気主任技術者2種、エネルギー管理士(電気)、第一種電気工事士(試験合格) 工場電気担当

はじめまして
電気技術者ビリビリと言います。

工場工務系で強電メインで仕事しています。
工場工務系の目線で情報発信出来ればと思います。
今日は
「工場の電気屋さんはどんな事をするのか?」
について少し発信したいと思います。


答えは・・・

はっきり言って何でもやります。
とは言っても会社により担当が分かれていたり、
製造する物によっても違うと思いますが、大まかには変わらないです。

工場の電気屋さんは大きく分けて2つあります。

1つ目
生産機器に携わる電気屋

主に生産装置の設計、改造、保全で
PLCやセンサやモータをメインに触る仕事
プロセス関係はあまり分かりませんが計装屋と
言われることもあるようです。

部門としては
生産技術部門に連なる名称が多いと
思います。

2つ目
電力会社からの電気を生産機器まで安定供給する
ための電気屋

高い電圧の機器をメインに触ります。
GISや配電盤、変圧器、電力ケーブルなど
がメインになります。
工場建屋の照明やコンセント等も扱います。

部門としては
生産技術系に連なる場合もあれば
総務等の部門に連なる場合もあります。

自分はこちらがメインです。

同じ電気屋さんですが、扱うものが違うので
伸びるスキル等も変わってきますのでこれから電気系の仕事をしようと考えている方は要注意です。

電気屋を考えている人の参考に少しでもなればと思います。

今日はこの辺で・・・

#低圧設備 #高圧設備 #電験三種 #電験二種
ビリビリ@電気技術者 PRO 電気主任技術者2種、エネルギー管理士(電気)、第一種電気工事士(試験合格) 工場電気担当
電気関係職場を複数社経験 現在、工場の電気管理担当として勤務

 コメント(1)

2020/05/30 19:40
電験受験 第二種電気工事士
電気主任技術者を目指しているので 投稿楽しみにしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ