【管理を買えと言いますが…】『知って学ぶ分譲マンションあるある』

2020/06/24 16:27
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士

こんにちは👋😃

マン管マー坊です。

分譲マンションで、『管理を買え』という言葉を聞いたことはありませんか?

分譲マンションは管理によって大きく差が出ます。

でも、管理を買えと言っても管理状況などは購入時にわかるかと言いますと実はわかりません。

この言葉の意味は表面からわからない管理状況を確認せよという注意喚起を促すという意味です。

ただユーザーから見れば、わからないことをどうやって知ればいいかなんてわかりませんよね。
それも一生に一度しか無いことかもしれない高額な物件を購入するわけですから…

そんな、マンション購入希望者の方へポイントをお伝えします。

①修繕費履歴の有無と長期修繕計画書の確認
これはいままで、マンションで何を修繕したかの記録です。
これがあるマンションでは、今後何の工事をするか知ることができます。
また、合わせて長期修繕計画書も確認できれば、管理費等の改定時期なども知ることができますので、確認するようにしましょう。

②滞納額
滞納は大規模修繕や定期の修繕工事に影響を及ぼします。
滞納額が多いということは、工事金額が不足していることを意味します。

③現地の確認
購入検討しているマンションがある場合、業者と一緒に内覧に行くか当事者のみで外観を見ることです。
ここでのポイントは共用部分の廊下やエントランスにゴミが落ちているか、雑草が生えたままかです。
ゴミが落ちている雑草が生えっぱなしだと管理がしっかりできているとは言えません。

この3つのポイントは押さえてください。
その他のことは住んで見なければ正直者わかりません。
例えば、隣がどんな方とか生活音がどれくらい響いてくるかです😅

マンションの管理は購入後でも、変化がある場合があります。
その事は次回で触れたいと思います🤔

#雑学
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
こんにちは👋😃 マン管マー坊ことマンション管理士の三宅です。 電気とは直接関係ありませんが、マンション管理に関することを中心に投稿していきますね。

 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ