【意外と知らないマンションのテレビ】『知って学ぶ分譲マンションあるある』

2020/07/10 16:52
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士

こんにちは👋😃

マン管マー坊です。

テレビが普通にみられるので、意外と知らないのが、その受信方法です。

マンションのテレビ受信には、アンテナとケーブルテレビの二通りがあります。

それぞれメリットとデメリットがあるため、現状がどうなのか確認する必要があります。
また、今後の問題点も紹介します。

・アンテナ
屋上にテレビ受信用のアンテナを設置する方法です。
メリットは後で紹介するケーブルテレビとは異なり無料で見ることができることです。
デメリットは、天候が悪い場合や故障したときにテレビが見れなくなることがあります。

また、今後の課題として、4Kに対応するには対応工事が必要になることが考えられます。
無論、工事費は管理費や修繕積立金から捻出することになります。

・ケーブルテレビ 
有線なので、アンテナと違い安定的にテレビを見ることができます。
4Kになってもケーブル会社が対応するので、マンションで工事をする必要はありません。ただ各戸でテレビを買い替える必要がでてきます。
デメリットは月額の費用がかかる点です。

今後テレビの性能があがると、アンテナ受信のマンションは費用をかけて対応工事をしなければならないことが懸念されます。

画像が綺麗になるのは嬉しいですが、個人でテレビを買い替えるだけですめばよいですが、マンションの場合は、共用施設をさわらないといけないのが特徴ですね!

まずは自分が住んでいるマンションがどちらのタイプでテレビを受信しているか確認しましょう!

#雑学
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
こんにちは👋😃 マン管マー坊ことマンション管理士の三宅です。 電気とは直接関係ありませんが、マンション管理に関することを中心に投稿していきますね。

 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ