【修繕積立金の改定はお早めに!】『知って学ぶ分譲マンションあるある』

2020/07/25 16:48
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士

こんにちは👋😃

マン管マー坊です。

いろいろな管理組合をみて感じたことは、修繕積立金を改定することはハードルが高いということです。

金額をあげないといけないことは承知しているんですが、なんやかんやと改定せずにそのままきているなんてことも…

ある管理組合では、数年前に修繕積立金を改定することになっていたのがされずに、今期にいままでの流れの話がでて、改定することに舵をきりました。
数年前に改定しておけば、いまの状況とは大きくことなっていたでしょう❗

管理組合の理事会が修繕積立金の改定を足踏みするのは、目に見えて反対意見が出ることがわかっているので、自分たちの時ではなく次期に回したいと思うのかもしれません。
しかし、修繕積立金はどこかの段階で改定するかしないか判断しなければなりません。

そのため、どういう経緯で修繕積立金を改定しなければならないかその理由を明確にする必要があります。

修繕積立金の改定時期にあたる役員の方は大変ですが、そのためにマンション管理士である専門家がいるので、お気軽にご相談ください。

#雑学
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
こんにちは👋😃 マン管マー坊ことマンション管理士の三宅です。 電気とは直接関係ありませんが、マンション管理に関することを中心に投稿していきますね。

 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ