【役員の罰則規定について】『知って学ぶ分譲マンションあるある』

2020/08/30 21:41
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士

こんにちは👋😃

マン管マー坊です。

マンションの役員で、出席しない方や役員をやらない方に対して、反則金を設定している管理組合があります。

反則金の設定は、役員をやる方やらない方、出席する方と出席しない方の不公平を調整するためのものです。

この反則金を規約や使用細則に設けること自体悪いことではありません。
しかし、私自身としては次の提案を致します。
①輪番制から立候補制に変更
②輪番制と外部役員の起用
③立候補制と外部役員の併用

①は輪番で役員をする組合員がいなければ、やりたい組合員にやってもらう方法です。
この①のデメリットは、万年役員が変わらないという問題が生じ、管理組合の私物化という問題が生じることがあります。

②は従来通りと一部の役員(理事・監事)を専門家に依頼する方法です。
②のメリットは外部役員をお願いすることで、輪番制の人数を減らすことができ、組合員の負担が従来よりも減ります。

③は①のデメリットを補うものになります。
②、③とも監事に外部役員を採用することで理事会運営を監視する立場になるので、本来の監事の役割を発揮することができる方法になります。

以上のように、その管理組合の状態にあったものを提案し、運営することがとても重要です!

#雑学
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
こんにちは👋😃 マン管マー坊ことマンション管理士の三宅です。 電気とは直接関係ありませんが、マンション管理に関することを中心に投稿していきますね。

 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ