【外国人を入居するに当たって】『知って得する賃貸・退去あるある』

2020/05/28 20:32
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士

こんにちは👋😃

マン管マー坊です。

さて、前回の投稿では外国人の入居も検討していきましょう的なことでしたが、今回は外国人をターゲットしたときにこうしたほうがよいのでは!と思うことを投稿します。

はじめに、外国人には次のタイプに分けられます。
①日本語は話せるけど漢字が読めない。
②全く話せないし漢字も読めない。カタコト含む
③日本語が話せて漢字も読める。

この3つのタイプに共通するのは、母国語は読み書きできることです。

つまり、オーナーはマンションのルールをその母国語で作成すればよいのです。

で、すべての言語に対応するのは大変なので、日本にくる多い外国人をターゲットに絞り、対応すればいいのです。
例えば、英語だったり中国語ですね!

外国人も日本のルールを知っているわけではありませんので、日本で暮らす以上は外国人にルールを教えなければいけません。

そのためには、読めない日本語ではなく、外国人入居者が読めて理解できるものでなくてはなりません。

外国人入居者を呼ぶためには、相手の立場を考えた配慮をすることが必要ではないかと思います!

#雑学
マン管 マー坊(三宅真光) マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
こんにちは👋😃 マン管マー坊ことマンション管理士の三宅です。 電気とは直接関係ありませんが、マンション管理に関することを中心に投稿していきますね。

 コメント(0)


コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ