質問
2020/05/15 17:24

ビオサバールの法則に関する問題です。
(3)から諦めました。
全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

電験二種 電験一種


回答 7 件
イルカ PRO 電験二種
回答
2020/05/23 10:30

(1)は教科書を見れば書いてあるでしょう。
(2)は銅線にかかる磁場の式を導出したのとまったく同じやり方です
(3)は磁場はベクトルの足し算で計算する。
(4)は、円形コイルをビオザバールの法則を使って解析する。(2)とほとんどおんなじですね。
(5)は、条件式に当てはめるだけですね。
(6)は難しいと思いました。なぜかというと、磁場がどのようにコイル同士を貫くのかよくイメージできないからです。なので、この場合は恐らくヒントとして正方形コイルは、円形コイルに比べて十分に小さいというヒントがあるのではないか?
と考えました。言い換えれば、正方形コイルは、点とみなしていいので、そこにかかる磁場は全部一様なものだと考えました。

これによって、積分の手間が省けます。

あと、相互インダクタンスには相反性という入力と出力を逆にして計測しても同じ相互インダクタンスになるという考え方を地味に使いました。

計算とか、細かい論理とかは自信がないですが、大筋こんな感じだと思います。


ガウス太郎 現役の工学部電気電子工学科B4
2020/05/25 02:43

気づくの遅くなりました!
流石です
ありがとうございます😊

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/05/23 10:31

2枚目です。これは、ビオザバールの基本的な問題ですね

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/05/23 10:32

3枚目です。自分の知識をどうやって問題の条件に適合させるかが勝負でしょうね

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/05/23 10:33

4枚目です。これも円形コイルの有名な問題ですね

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/05/23 10:34

5枚目です

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/05/23 10:36

6枚目です。

相互誘導は、入力側の電流の変化が共通な磁束を生み出しそれを出力側がファラデーの法則で検知して、2次側に起電力として出力するというシステムですね

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/05/23 10:38

7枚目です。正方形コイルは十分に小さいので、貫通する磁束が場所ごとに全く異なるということが無いので、普通に磁束密度と面積の積を取ることで求めることができると思います。


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
310

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
123

参考になった数


5
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


6
NobodyDid PRO
電験一種、一陸技
117

参考になった数


7
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


8
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


9
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
69

参考になった数


10
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト