質問
2020/06/05 08:41

電験の勉強をしていると交流送電より直流送電のほうがメリットが多いように感じました。
家庭内の電気製品も交流を直流に変えて使っているので最初から直流送電したほうがいいのではないでしょうか?
交流送電が使われている理由を説明してください。

電験三種 コンセント
匿名

回答 2 件
nasu PRO 電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
回答
2020/06/05 09:28

まず、質問者様が書かれている通り、家庭用の電気機器は一旦直流に変換しているものも多いです。
ただ、扇風機やミキサーのように回転する機構を持つ機器については交流でないと動かないため、直流送電を採用するとインバーターを電気機器に搭載しなければならないです。
さらに工場などで使用されるモーター機器は三相電力を使用しなければ動かないため、そういった問題も出てきます。

次に各送電方式について考えると、直流送電は設備費や送電ロスにメリットがありますが、交流送電と違い、ゼロクロスポイントを通過しないため、高圧大電流の遮断が難しく、ループ回路を形成しにくいことから最も重要な安全で安定な送電には適しません。
また、直流送電方式は電力の変成も難しいことから、送電することだけに限って見れば、有利な点は多いですが、実際にエネルギーとして使用する場合の問題点が多いです。

最後に根本的な問題としては、世界的に交流送電がスタンダードとなっており、現在の送配電設備や家庭用機器を直流送電仕様に変更するのは現実的に不可能かとも思われます。
なぜ、このような世界になっているのかはネットで『電流戦争』と検索いただければ大体のことは理解できると思います。

ビリビリ@電気技術者 PRO 電気主任技術者2種、エネルギー管理士(電気)、第一種電気工事士(試験合格) 工場電気担当
回答
2020/06/06 09:37

 結論的に言うと直流送電の方が効率が良い
です。
 理由は送電系統におけるコイル分を気にしなくても良いからです。
 
 ではなぜ現在は交流送電が主流なのか?
それは電気を使用し始めた初期の頃は直流の電源の電圧を変換することが当時の技術では難しかった事から変圧器による電圧変換が容易な交流がもちいられるようになりました。
 
 その他短絡電流の遮断が直流では難しいことも挙げられます。

 直流送電と交流送電はアメリカで論争が起こった歴史があります。
 発明王エジソンも出てきます。興味があれば調べて頂ければと思います。


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
310

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
123

参考になった数


5
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


6
NobodyDid PRO
電験一種、一陸技
117

参考になった数


7
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


8
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


9
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
69

参考になった数


10
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト