質問
2020/06/18 09:59

4人家族で主婦をしています。毎年夏になると電気代が上がるので、みなさんの省エネ術などありましたら教えてください。エアコンをつけっぱなしの方が電気代が安くなるとよく聞くのですが本当なのでしょうか?電気に詳しい人、その辺もご教授いただけると助かります。

エアコン
匿名

回答 4 件
高田 電気工事士
回答
2020/06/18 17:49

エアコンに関してですが、
起動時に大きな電流が流れるので頻繁につけたり消したりすると
電気代が上がるかもしれません。
また、一度熱くなった部屋を冷やすときにとても大きなエネルギーを使用します。
最近のエアコンはインバーターが内蔵されているため、
設定温度まで冷えると自動的に省エネ運転になります。
エアコンをつけっぱなしの方が電気代が安くなるかは分かりませんが、
その可能性も十分にあります。

おしょー
回答
2020/06/18 18:55

以前空調機メーカーの研究開発をしていた者です。
エアコンの省エネに関してですが、エアコンには室外機に圧縮機が搭載されており、圧縮機の運転が電気代の大半を占めます。
頻繁に入切をすると、その影響で電気代はあがります。
つけっぱなしとどちらがいいかというご質問に対しては、部屋のや大きさや気密性、エアコンの設置状況によりけりなので、一概にどちらがいいとは言えません。

フィルターの目詰まりや室外機の周りに物がおいてある事などは直結して電気代に影響するので、改善の余地はあると思います。

また、一般的に、除湿の方が電気代が安くなると思われがちですが、これも除湿の方式によります。(所持されているエアコンがどちらの方式かはネットなどで調べてみて下さい)

除湿には
①弱冷房式
②再熱除湿式
という2つの方法があります。

①は読んで字の如く、冷房の弱いモードで運転して、徐々に湿度を下げる方式です。
こちらの方式は通常の運転より電気代は下がりますが、快適に感じられるまでの時間が長くかかり、すぐに涼しいと思えるような空気環境にはなりません。

②はエアコン内で空気を露点温度まで冷やし、空気中の水分を結露させたような状態にします(氷を入れたグラスに水滴がついて、空気中の水分が出てくるようなものです)
しかし、この露点温度はエアコンの設定温度よりとても低いので、設定温度にするために、空気をヒーターで加熱し、温度を上げてから室内に吐き出させます。

一度一気に冷やしてからヒーターで加熱して温度を戻すので、冷房よりも余分な電気代がかかります。

エアコンにはどちらか片方の方式が搭載される場合がほとんどですが、
電気代を下げたくてもお持ちのエアコンが②の除湿方式だと電気代は上がります。また①の方式では電気代は安いですが、部屋はなかなか涼しくなりません。

以上の事により、省エネと快適性の両方をとるなら、個人的には除湿ではなく、冷房の自動運転をお勧めします。

和久井千空 電験三種、消防設備士
回答
2020/06/19 00:26

空調とは、温度、湿度、換気のコントロールをすることですが、一般的には温度をコントロールすることとして使われています。

なぜ冷房するかというと部屋の温度が高くなるからですが、その部屋の温度が高くなる原因は、室外の温度が高くなるから、人間が居るから、パソコンやテレビ、冷蔵庫などの電化製品を使っているからなどがあげられます。

この高くなった室内の熱を外に持って行くのがエアコンの仕事です。

当然、仕事をした分だけ電気が使われます。

ところで熱というのは、室内と室外の温度差がある方がより多くの熱が移動されます。

つまり室内の温度が常に低い状態だと常に多くの熱が外から入ってきます。

その分エアコンは多くの仕事をし電気を使います。

エアコンを切るとその間に部屋の温度は高くなり熱が入ってくるのは少なくなります。

でも部屋の温度が高くなったり低くなったりするのは身体にとってどうなんでしょうか。

先ほども述べましたが、室内と室外の温度差が少ないと熱の移動は少なくなります。

つまり設定温度を高めで連続運転にしておくというのが、身体の面からあるいは効率の面から言っても良いんではないでしょうか。

田中哲司
回答
2020/06/19 01:07

こんにちは。これから暑い夏、電気代が気になる季節になりますよね。。
さて私の省エネ術ですが、ベタな話ですが、なるべく高めの温度でエアコンをつけるとかしています。最近、人感センサー付きの某メーカーのエアコンに変え、必要な場所だけを冷やしてくれるようなAI付きのエアコンに変えたらそれなりに省エネに効果が出てきました。古いエアコンを利用されているのであれば、思い切って新しい機種に変えると効果でますよ。
さて、エアコンをつけっぱなしのほうがいいのか?ですが、冷やす温度にもよると思います。エアコンの電気消費量を削減するには部屋の温度がある程度一定に保たれることが一番なんですが、あまり低い温度にするとエアコンはそれを維持するためにエネルギーを使います。そうすると必要時に着けたり切ったりするよりも実は電気代かかってることもあると思います。なにより高めの温度で利用する方が体にもお財布にも優しいと思います。


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
311

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
131

参考になった数


4
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


5
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
112

参考になった数


6
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


7
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


8
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
61

参考になった数


9
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


10
かいだん PRO
第三種電気主任技術者、第一種電気工事士
54

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト