質問
2020/06/30 22:58

今年の9月に電験三種を受験します。
この時期の勉強方法についておすすめの方法はありますか?
科目は理論に絞っています。
過去問はある程度解いて50~60点は取れるようになりました。

電験三種
匿名

回答 2 件
tkytky 電気工事士2種、2級電気施工管理技士、電験3種等
回答
2020/06/30 23:50

私の経験から回答させてください。

試験本番まで2カ月あるので、苦手分野の勉強をしてみてはどうでしょうか。ただ問題を解くのではなく、基本的な内容(公式等)を暗記するくらい勉強してみましょう。もし、時間があるのなら、他分野の問題も1日1問解いてみましょう。そうすることで、本番でどんな問題がこようと、オールラウンドに対応できるからです。

私の場合は、計算問題が得意でしたので、試験2カ月前は電子理論・電子回路、電気・電子計測の勉強をしていました。また、それと併行に他分野の計算問題を2日に1問解いていました(過去問以外の資料)。残り1カ月で徹底的に過去問をひたすら解いていました。このやり方で、本番で85点取りました。

また、本番までに80点を目標にしてみませんか?本番では、試験会場の雰囲気や時間の流れがいつもと違うので、実際の実力が発揮できないかもしれないからです。

ビリビリ@電気技術者 PRO 電気主任技術者2種、エネルギー管理士(電気)、第一種電気工事士(試験合格) 工場電気担当
回答
2020/07/04 04:33

50〜60点点数を取れるとの事ですので、基本的な実力はあるかと思います。ですので、残り2ヶ月は、過去問題を繰り返し解いて問題そのものが暗記出来るくらいの気持ちで取り組まれると良いかと思います。

流れとしては
過去問題を解く→採点後間違った問題を復習する→教科書等で理論的な部分の理解を深める→違う年度の問題又は違う科目の過去問題を解く→以下繰り返しです。

学生時に3種を取得しましたが、この様なやり方で夏休みをほぼ使っていました。またその様な補習の組まれ方もしておりました。

ここからは
3種取得後を見越しての私の経験談となります。

3種の問題をきちんと理解していれば、実務でも非常に役に立ちます。トラブル時で原因究明をする時など基本が理解出来ていないと状況の把握がなかなか難しいと思います。その様なときに勉強しておいて良かったなぁと感じます。

合格出来るようお祈り申し上げます。


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
310

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
123

参考になった数


5
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


6
NobodyDid PRO
電験一種、一陸技
117

参考になった数


7
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


8
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


9
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
69

参考になった数


10
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト