質問
2020/07/05 20:49

変圧器についての質問があります。
  変圧器のV結線って、必ず、どういう風にしても1バンクかけてしまい、いわゆるΔ結線の時の相電圧が入力されない箇所がどうしてもできてしまうはずなんです。しかし、参考書を見てみると、その部分から、反対側の二次側回路に向かって線電流が流れていってるように書いてあるし、Δ結線内部では、ほかのバンクに向かって起電力が発生しているように矢印が書いてある(つまり、ほかのバンクに向かっても相電流が流れている??)ので、不思議で不思議でたまりません。もちろん、ベクトル図を書いたら全ての相に電圧、電流が流れているのは証明できるのは一応知っているのですが、いまいちイメージが湧かないし、ピンときません。そういうわけで、僕のこの疑問を解決できるような理屈、イメージを知っている方はぜひ、それをここで教えていただけませんか?
お願いします。

電験三種

回答 1 件
みやを PRO メーカー技術職(生産技術とか計測とか)、電験2種、電気通信主任(いずれもペーパーです)
回答
2020/07/08 09:03

根底にあるのはΔ→Vで1相分なくなっても同じならVでいいじゃないかっという素朴な疑問ではと思います。(違っていたらすいません)

負荷が一定であれば、(理想的に等価なと一応断っておきますが、)VとΔ結線の違いは線電流、線間電圧には表れません(ベクトル図で示せるのはこの部分です。)。
変圧器をブラックボックスとしてみた場合は一緒だということです。

それでは何が違うかというと変圧器内の状態で一つの巻き線あたりに流れる電流(相電流)の違いになります。
uvw出力でvw間が抜けたV結線だとするとΔ結線でvw間コイルに流れていた相電流は当然V結線にすることでv-w直間の流路がなくなるのでv-u-wと迂回経路で流れることで外から見た線電流、線間電圧が同じようになるわけですが、、、vw間電流は迂回経路で電流が流れている分vuとuwのコイルに流れる相電流に加算されることになります。。

簡単に言うと一つのコイルが減ったことにより、1コイルあたりの電流負担が増えることになるということです(これは変圧器の伝達するエネルギー(電力)の負担とも言えます)。

詳述はさけますがV結線にすることで理想的でない損失等のある現実の変圧器だと効率が悪くなったりします。。
以上疑問を解消されたかどうかはわかりませんが、、ひとまずの回答です。


パリピ28号 電験三種 取得
2020/07/08 17:05

ありがとうございます。とてもとても参考になりました。


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
310

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
123

参考になった数


5
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


6
NobodyDid PRO
電験一種、一陸技
117

参考になった数


7
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


8
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


9
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
69

参考になった数


10
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト