質問
2020/03/07 13:40

磁気回路とはどのようなものですか?

電験三種
匿名

回答 2 件
長谷川 電験三種、ビル管理
回答
2020/03/07 19:26

鉄心にコイルを巻き、これに電流を流すと、鉄心中に磁束が生じます。
この磁束の生じる道筋を磁気回路と言います。

磁束は、コイルの巻き数が多いほど、また、電流が大きいほど大きくなります。
単位は[Wb](ウエーバ)を用いています。磁束は、電気回路の電流に相当するものです。

磁束を生ずる原動力になるものを起磁力と言い、単位は[A](アンペア)を用いています。
起磁力は、電気回路の起電力[V]に相当します。

磁気回路で、起磁力[A]が働くと、磁束[Wb]が生じます。
起磁力と磁束の比を磁気回路の磁気抵抗と言い、単位は[A/Wb]または(毎ヘンリー)を用います。

磁気抵抗は、磁路の長さ[m]に比例し、磁路の断面積[㎡]に反比例します。
また、磁路の長さ[m]は、一般に、磁路の平均の長さで表せられます。
 

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/03/24 22:46

極論アンペールの法則の変化版ですね。多分オームの法則には原理レベルでは無関係(いや、関係あるかも?)な気がします。でも、熱オームの法則はオームの法則と似てそうだたら関係あるのかもしれません。原理的には磁界って電流に比例するよね。というのを式変形して表してったらオームの法則っぽくなったという感じですね。詳しい計算方法は画像に載せます。nとNの違いに気を付けてください。Nは2倍、3倍といった解釈でよいので単位はなくNI[A]といった感じになります。μが電気版オームの法則で導電率のイメージを果たしていますね。この法則の一番良い点は本来は、磁気の問題はビオザバールの法則、アンペールの法則といった大学レベルの数学、物理学の知識が必要な理論を用いなければ解くことができない問題をこのように、比例反比例といったレベルの知識で解けるようにしてしまうといったことですかね。それでも磁気回路は難しいですが(汗)


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
310

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
123

参考になった数


5
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


6
NobodyDid PRO
電験一種、一陸技
117

参考になった数


7
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


8
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


9
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
69

参考になった数


10
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト