質問
2020/03/14 21:04

電車の電線は高圧と聞いたことありますが
何か発生する電波障害はありますか?

雑学
匿名

回答 2 件
三浦良樹
回答
2020/03/14 23:53

電気鉄道には、直流式と交流式があり、直流式では電食作用による障害、
地球磁気などの観測障害、交流式では電磁誘導による通信障害など、
それぞれ電気鉄道による各種障害が考えられるので規制が行われています。

電気鉄道の架空電車線、き電線、帰線などは一般の電線路と同様に、施設方法が不適当であれば通信線に障害を及ぼします。主として、電波障害と電磁誘導障害です。

電波障害防止については、パンタグラフと電車線との間の花火などにより電波が発生するので、架空電車線路などの直下より10m離れた地点で36.5dB以下になるように施設するよう定められています。

電磁誘導障害防止については、架空弱電流電線と併行する場合に、直流複線式電車線及び電線は2m以上、直流単線式電車線、き電線及び架空直流絶縁帰線は4m以上という離隔距離が定められています。
 

イルカ PRO 電験二種
回答
2020/03/24 21:24

世の中にはエネルギー保存の法則というのあり、エネルギーを別の形に変換するときは銀行の手数料みたいに、総量は変わってないけどロスが生じます。そのロスが電波になったり熱になったりするわけですね。なので、いろいろな誤解をしてしまうかもしれませんが、電流が流れているところは、電波が生じていると考えて問題はないでしょう。というと、基本的にこの世のものは電子レンジだろうがケーブルだろうが何であれ電波を出していることになるでしょう。なので、問題はどのようなものがやばいのか?ということですね。文字通り大量の電流を流す設備や特殊なノイズを出してしまう装置とかが怖そうですよね。交流モーターは速度を制御するために半導体を用いているということはご存じかもしれません。その半導体だってロスが生じますよね。そのロスが電波になる可能性だって十分にありますよね。なので、それらの対策には遮蔽(その損失エネルギーを吸収してしまう)や設置場所を変更するといった方法が考えられます。あまりないと思いますが、その複雑な電波を打ち消すような電波を生成する装置を使用するというのも考えられますが、難しそうですよね。


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
310

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
132

参考になった数


4
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
123

参考になった数


5
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


6
NobodyDid PRO
電験一種、一陸技
117

参考になった数


7
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


8
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


9
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
69

参考になった数


10
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト