質問
2020/04/14 19:51

電力ケーブルの敷設方式に直接埋設式、管路式、暗渠式があって、それぞれの特徴はわかるのですが、実際にどういう場面でどの方式が使われるのかを教えてください。

電験三種
匿名

回答 1 件
nasu PRO 電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
回答
2020/04/14 21:05

暗渠式は地下にトンネルを作るのと、ほぼ同じ様な労力・費用がかかるので、民間ではほとんど使用されません。
コスト面の問題から基本的には電力会社や官庁所有の設備を同じ暗渠内に収める共同溝が作られ、電力網・ガス・水道の幹線のような、最大級の安全面や保守面が必要な設備に使用されます。

直接埋設式は主に民間設備や電力会社や官庁の構内電力設備で使用されます。
電技ではトラフ内に電力ケーブルを入れた上に砂を被せるような説明が記載されていますが、実際の施工ではトラフ内に樹脂管や金属管を敷設し、その内部に電力ケーブルを通す方法がとられます。

管路式はメリットとデメリットが中途半端なのか、使われているところはあまり見かけたことはありません。

どの方式でも数百メートルおきにハンドホール内を設置し、その中にピットを設けて保守・管理することが一般的です。


ブログ一覧
【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト
スポンサーリンク

マキタ 充電インパクトドライバー 電動インパクトドライバー【MTD001DSX 】
ブログ一覧
ユーザーランキング
全て
1
イルカ PRO
電験二種
311

参考になった数


2
nasu PRO
電験2種、1種電気工事士、2級電気施工管理技士
159

参考になった数


3
摺り足の加藤 PRO
第一種電気主任技術者,フリーランス
131

参考になった数


4
電験サロン PRO
電験2・3種、TOEIC860、電気工事士1・2種、他多数
123

参考になった数


5
たな PRO
第二種電気工事士,第三種電気主任技術者(認定取得条件保有),電力会社10年弱勤務(水力発電所担当)
112

参考になった数


6
鐵獣 PRO
第三種主任技術者・エネルギー管理士・第二種電気工事士・工事担任者DD第三種・消防設備士(乙7)
91

参考になった数


7
おし PRO
第2種電気工事士 2級電気工事施工管理技士 2級管工事施工管理技士   
88

参考になった数


8
マン管 マー坊(三宅真光)
マンション管理士、マンション管理業務主任者、宅地建物取引士、敷金診断士、賃貸経営管理士
61

参考になった数


9
大橋 諒
第1種電気工事士、電気工事14年目
60

参考になった数


10
かいだん PRO
第三種電気主任技術者、第一種電気工事士
54

参考になった数


【電気の神髄】電気工学を奥深くまで徹底追及するサイト