イルカ PRO

電験二種

  回答数:73

  参考になった数:311

🐬です ツイッターしてます @arairuca

 ブログ一覧
電験革命機械 2.直流機の電機子反作用をアップロードしました!! 
電験革命「機械」の非常勤講師となりました!!
付けてほしい機能たち
新しいことに挑戦する難しさ
 回答一覧

合成インピーダンスの周波数と無関係にする条件がわかりません。虚部を0にすることを試みたのですが結局実部側に各周波数が残ってしまい上手くいきませんでした。

2020/06/24 22:41

これは、やり方自体は5分くらいで思いつきましたが、最近はプログラミングの勉強などをしていたので、計算ミスをしまくって時間がかかってしまいました。 ヒントは、周波数は幾つでもいいということです。 つまり、答えがあるとしたらこの解じゃないとダメだというのを見つけて、その解があってるかどうか確かめるというやつです。 いわゆる必要条件から攻めるというやつですね。 1.周波数が0と無限大の時、合成インピーダンスはRになる。 ということは、周波数に依存しないので合成インピーダンスはRでなければならない! 2.テキトーな値で実験してR,C,Lの関係を求める 3.実際に代入して十分性のチェックをする 3は本問の場合答えがある!と断言しているのでもしかしたら不要かもしれませんが、面白いのでやってみましょう!

参考になった 7
   

part42 対称格子回路に関する問題です 2番が分かりません

2020/06/08 20:46

出力解放条件や出力短絡条件でも求められますが、まじで↑の解答の5倍くらいの分量になってしまったのでやめておきます。 いちおう、図3(c)の4端子定数はBartlettの二等分定理で簡単に考えることができるのでその考え方も載せておきます。 むずいですね とにかく4つの変数を求めるためには、「問題条件に合った極端な値を代入する」ということが大切です。 なにか、計算ミスとかがあったら、うまくつじつま合わせてください。。。。

参考になった 4
   

part42 対称格子回路に関する問題です 2番が分かりません

2020/06/08 20:36

これはかなりマニアックな問題です。この問題の背景知識には「Bartlettの二等分定理」というのがあるようです。 http://omm.ishikawa-nct.ac.jp/ex/exercises/62jUAAAB/ https://en.wikipedia.org/wiki/Bartlett's_bisection_theorem これは、電気科専攻だと習うのかわかりませんが簡単に解説します。 1.4端子定数にもあるように、このような問題の回路は必ず2×2の正方行列を使って表せます。これは、当たり前ですが地味に重要です。 2.1については、証明されているので私たちは、キルヒホッフの法則とかを1から使ってゴリゴリ計算していく必要はない!!(A,B,C,Dの4つの数値を求めるクイズです) 3.極端な値を代入して、連立方程式などで4つの変数を求める。 受験数学の数値代入法というのがあるのですが、これに近いです。 数値代入法は十分性を確認しないとなんか気持ち悪いですが、本門の場合は行列で記述できるということを先人が示しているので、私たちは安心して十分性を示さずに使えるということですね(゚Д゚;).。 以下、数値代入法についてのリンクも載せておきます https://mathtrain.jp/suchidainyu まとめとしてこの3ステップを踏まくても解けるのですが、計算量が3倍くらいになります。 特に3でどのような値を代入するかがうでの見せ所です。 「ふつうは」出力部の解放条件と短絡条件で攻めます。 しかし、「Bartlettの二等分定理」では、 a.出力と入力に同じ電圧をかける条件 b.出力と入力に逆の電圧をかける条件 の2つを利用して計算を省略します。 理由は、電位が同じになる部分ができるので、パラメーターを減らせるからです。 そこら辺は以下の図を参考にして考えてみてください(*'▽') ①は出力と入力に同じ電圧をかけた場合です。 図3(b)回路と図3(c)回路を比較しています。 この場合も、図3(b)回路と図3(c)回路が同じ回路になるということを示さなくていいので計算量がかなり減ります。 ②は出力と入力に逆の電圧をかけた場合です。 本当は絶対もっと計算量減らせるはずなので、いいアイデアがあったら教えてほしいです。 多分加藤先生あたりは詳しいと思います。電気の神髄に解説記事があるかもしれません

参考になった 4
   

電子物性工学 n型半導体と金属のオーミック接触による様子についてのしつもんです。 接触後、伝導体の下に正孔が出来るのは、何故でしょうか?

2020/05/30 14:09

以下エネルギー順位の図です。フェルミ準位が等しくなるように考えます!

参考になった 5
   

電子物性工学 n型半導体と金属のオーミック接触による様子についてのしつもんです。 接触後、伝導体の下に正孔が出来るのは、何故でしょうか?

2020/05/30 14:07

次に、金属とn結合ですがこんな感じのイメージになるかと思います。(たぶん) この図は、オーミック接触ですね!

参考になった 5
   

電子物性工学 n型半導体と金属のオーミック接触による様子についてのしつもんです。 接触後、伝導体の下に正孔が出来るのは、何故でしょうか?

2020/05/30 14:05

一応、少しネットで調べただけなので本当に合っているかわかりませんが、とりあえず解答します。 (間違っている部分がある場合はコメントなどお願いします!!) 解答としては、超薄い欠乏層があるから方向性を決定する壁となる電位差が生じてしまう。もしくは、n型半導体はそれ以前に正孔が接続する前にすでに大量にあるからだと考えられます。 1.オーミック接続とは? オームから来ている言葉なので、半導体なのにまるで抵抗のような特性を示すような接続方法の事を言います。 順方向、逆方向が限りなく0に近いということです!! 順方向、逆方向は欠乏層によって生じる電位によって発生します。 2.電子と孔子の移動方法 pn接続はご存の通りだと思いますが、これとほぼ一緒なんですよね。 pは電子が少ないpositiveなので、孔子が移動すると考えてok nは電子が多いnegativeなので、電子が移動すると考える 移動した場合、p,nの境界面では、pでは孔子がnに移動してしまうので「負電荷」になる。 逆に、nでは電子がpに移動してしまうので、「正電荷」になる。(広がって行く) これにより、電位差が生じます。 で、これは角砂糖がコーヒーに溶けていく拡散の現象とほぼ同じで濃度(フェルミ準位がp,n)で等しくなるまで続く!! 補足:フェルミ準位というのは、電子がどのエネルギー準位にいるのかを予想したもので、要約するとエネルギーが高い方から低い方に行って安定したと考えていいでしょう。 3.pが金属に変わった金属n結合もほとんど同じであるということができるでしょうね。 これには、普通のダイオードのように方向性があるショットキー接触と 方向性を限りなく無くしたオーミック接触というものがあるそうです。 参考文献 http://hooktail.sub.jp/solid/PNI-typeSemiconductor-intermediate/ http://www.osakac.ac.jp/labs/matsuura/japanese/lecture/1996/Handotai/shot/shot.html まずは、復習として、pn接触で考えてみます。金属n接触も場合によっては似たような特性を示すので、何か関連がありそうです

参考になった 5
   

ビオサバールの法則に関する問題です。 (3)から諦めました。 全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

2020/05/23 10:38

7枚目です。正方形コイルは十分に小さいので、貫通する磁束が場所ごとに全く異なるということが無いので、普通に磁束密度と面積の積を取ることで求めることができると思います。

参考になった 3
   

ビオサバールの法則に関する問題です。 (3)から諦めました。 全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

2020/05/23 10:36

6枚目です。 相互誘導は、入力側の電流の変化が共通な磁束を生み出しそれを出力側がファラデーの法則で検知して、2次側に起電力として出力するというシステムですね

参考になった 2
   

ビオサバールの法則に関する問題です。 (3)から諦めました。 全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

2020/05/23 10:34

5枚目です

参考になった 3
   

ビオサバールの法則に関する問題です。 (3)から諦めました。 全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

2020/05/23 10:33

4枚目です。これも円形コイルの有名な問題ですね

参考になった 3
   

ビオサバールの法則に関する問題です。 (3)から諦めました。 全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

2020/05/23 10:32

3枚目です。自分の知識をどうやって問題の条件に適合させるかが勝負でしょうね

参考になった 3
   

ビオサバールの法則に関する問題です。 (3)から諦めました。 全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

2020/05/23 10:31

2枚目です。これは、ビオザバールの基本的な問題ですね

参考になった 2
   

ビオサバールの法則に関する問題です。 (3)から諦めました。 全て自分で定義しないといけない為、よく分からなくなりました。(2)も自信がないです。出来れば全て解いて頂けると幸いです

2020/05/23 10:30

(1)は教科書を見れば書いてあるでしょう。 (2)は銅線にかかる磁場の式を導出したのとまったく同じやり方です (3)は磁場はベクトルの足し算で計算する。 (4)は、円形コイルをビオザバールの法則を使って解析する。(2)とほとんどおんなじですね。 (5)は、条件式に当てはめるだけですね。 (6)は難しいと思いました。なぜかというと、磁場がどのようにコイル同士を貫くのかよくイメージできないからです。なので、この場合は恐らくヒントとして正方形コイルは、円形コイルに比べて十分に小さいというヒントがあるのではないか? と考えました。言い換えれば、正方形コイルは、点とみなしていいので、そこにかかる磁場は全部一様なものだと考えました。 これによって、積分の手間が省けます。 あと、相互インダクタンスには相反性という入力と出力を逆にして計測しても同じ相互インダクタンスになるという考え方を地味に使いました。 計算とか、細かい論理とかは自信がないですが、大筋こんな感じだと思います。

参考になった 3
   

part37 ガウスの法則関する問題です。 問3からあってるのかよく分かりません。 問題と私の考えのリンク先を貼っておきます。分かる方は、解いて送り返して貰えると幸いです。 ↓ 私の考えのリンク https://twitter.com/gausutarou/status/1260851724215914496?s=21

2020/05/15 13:25

変数qやkというのは、無限通りの場合分けを勝手に自動化してくれてさらに和をとってくれているんですよね。 いわゆるアルゴリズムというやつなのでしょうか? 私自身プログラミングの勉強を少ししているので、何か役に立つかもしれません

参考になった 3
   

part37 ガウスの法則関する問題です。 問3からあってるのかよく分かりません。 問題と私の考えのリンク先を貼っておきます。分かる方は、解いて送り返して貰えると幸いです。 ↓ 私の考えのリンク https://twitter.com/gausutarou/status/1260851724215914496?s=21

2020/05/15 13:22

言い忘れました!! 電位の式は、 電場に逆らう向きに1Cの電荷を移動させるにはどれだけの仕事が必要か?が電位の定義なのでそれを利用します。 一方で、本来は角度まで含めた内積で仕事は定義されますが、ここでは角度を考える必要はないので、省略しています。良かったら、必要なら、仕事の定義でも調べてみてください。 一応wikiを載せておきます。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%95%E4%BA%8B_(%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6) (5)はqは変数ということに意識して計算する

参考になった 4
   

part37 ガウスの法則関する問題です。 問3からあってるのかよく分かりません。 問題と私の考えのリンク先を貼っておきます。分かる方は、解いて送り返して貰えると幸いです。 ↓ 私の考えのリンク https://twitter.com/gausutarou/status/1260851724215914496?s=21

2020/05/15 13:16

とりあえず、最後の問題だけかなり難しそうですね。 最後の問題は導体球の電荷を少しずつ足し算していきます。多分答えとしては、積分を使って少しずつ足していくという方法と数列の和を用いて、離散的に解いた後に、極限を取る方法があります。 ですが、結局区分求積法つまり、数列の和と積分は同じ意味であるという考え方の上ではどちらも同じ考え方です。 数列の方は、立式しやすいのですが、積分を使う方は、自分自身もイメージが付かなかったので、少し解説します。 まず、導体球の電荷は定数Qではなくて立派な変数です。0からQまで変化しますから。 0+dq+dq+・・・=qというイメージですね。 最終的に変数qはQになるんですね。 なので、電荷が変数qのときに、q+dqの電荷にするにはどうすればよいのかを考えます。 そしたら、0からQまでの変数qの和を取るといいでしょう。 いわゆる積分ですね。 これを、連続的にではなく離散的に具体的に考えたのが数列の解答です。主に大学入試で使われる考え方ですね。 これは、Qをn等分して極限をとるという考え方です。変数qの代わりに変数kを用います。 このことを、考えるとどちらも同じ回答であると考えられますね。 1枚目は特にコメントはないです。(2)は、ガウスの法則ゆえに自明だと思います。 直感的にいえば。導体表面での電荷分布が一様なので、電界(電場)など発生するわけもありません。 (+極とー極では電場は発生しますが、+極同士では発生しません)

参考になった 5
   

電験三種の理論の交流回路についてなのですが、jを使う問題と使わない問題の区別がつきません! 例えば、平成22問13の問題だと、jを使わず大きさで計算したら答えがマイナスになってしまいます。 問題のどこを見てjを使うと判断すればいいですか?

2020/05/09 09:25

今回の問題は、並列回路と直列回路のインピーダンスを等しくするにはどうすればいいのかという問題です。このような問題やブリッジ回路といった問題はベクトルで作図するという、複素数を使わない方法ですと、作図が難しくなるという気がしませんか?インピーダンスを等しくするということは、大きさと角度(位相)を同時に同じくしなければなりませんよね。直列の場合と並列の場合でそれぞれベクトルを書くと混乱すると思います。つまり、この問題は、”複雑”な問題といえるでしょう。一方で、複素数というのは、大きさと角度をもった数と言えます。r(cosθ+jsinθ)ですよね? つまり、ベクトルを作図してうんぬんねばるといった作業を計算処理をすることで、勝手にやってくれているわけです。 最後に、交流回路の理論的な全体像を載せておきます。 1.本質的には、交流回路の微分方程式を解かなければいけない。これが一番正しいやり方ですが、すごく難しです。 2.1を天才たちがといて複素数の解き方でまとめました。なので、1という難しい理論が分からなくても2のやり方をなんとなく分かっていれば1と同等の事をしたことになります。 3.2をさらに図形的な解釈をしてベクトルになりました。たとえば、実際に電流と電圧には角度があるとかなんて想像上の産物でしかないじゃないですか?電流と電圧って目に見えないですよね? この解き方は、直感的です。がゆえに分かりやすさと引き換えに、難しい問題だと途端に解けなくなります。 結論として、ある程度のレベルになったら、原則全部複素数で解き、複素数で解くまでもない簡単な問題(RLC回路とか)はベクトルで解くというイメージですね。 覚えておいてほしいのですが、1,2,3の解き方は、全部同じ理論をもとにしているということです。別々のものではありません。それを意識するといいかもしれません。なぜなら、質問者様はベクトルで三角形を作図して解いたのかもしれませんが、おおもとをたどれば複素数の問題になるからです。 最後に、自分で作ったスライドのリンクがあったので、参考になるかはわかりませんがよかったら見てみてください。 https://irucairuca.github.io/denkinonigemichi/irucadenkidaigaku/ 複素数をマスターするには、高校数学あたりがおすすめです。動画やサイトにも素晴らしい解説がたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか? (質問者様の符号が-になるというのは、おそらく、ベクトルを書く過程で時計回り、反時計回りを間違えたという可能性が考えられます)

参考になった 6
   

電験三種 機械 平成30年 問6 についてお伺い致します。 定格容量P[kV⋅A]、定格電圧V[V]の星形結線の三相同期発電機がある。電機子電流が定格電流の40%、負荷力率が遅れ86.6%(cos30°=0.866)、定格電圧でこの発電機を運転している。このときのベクトル図を描いて、負荷角δの値[°]として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。 ただし、この発電機の電機子巻線の1相当たりの同期リアクタンスは単位法で0.915p.u.、1相当たりの抵抗は無視できるものとし、同期リアクタンスは磁気飽和等に影響されず一定であるとする。 (1) 0  (2) 15  (3) 30  (4) 45  (5) 60 翔泳社アカデミーの解説では、定格電圧と定格電流の二つをp.u.の基準にしています。 これは、同期リアクタンスのp.u.はオームの法則から電圧と電流が必要になるという認識でよろしいのでしょうか。 また、図1の一相等価回路において端子電圧がVとなっております。星形の定格電圧がV[V]の場合、一相等価回路の端子電圧は相電圧であるV/√3になるのではないでしょうか。 【参考】 翔泳社アカデミーの解説のリンク先は以下となります。 https://www.denken3.com/wp-content/uploads/2018/09/20180926_2018web_kaitoukaisetsu.pdf

2020/05/08 16:29

2枚目に、単位法としての解答を載せました。おそらく単位法は加藤先生の方が詳しいとおもうので、加藤先生の参考程度に考えたほうが良いかもしれません。あくまで単位法は計算をしやすくするためのツールなので、これが絶対の正解というのは、なかなか決めにくいと思います。長さをメートルで表すかインチで表すか?という質問に近いと思います。慣れないうちは、私もそうですが、普通の解き方をして、単位法の解き方と見比べて、どこを省略しているのか(ブロックとしているのか)を考えてみるのがいいのかもしれません

参考になった 5
   

電験三種 機械 平成30年 問6 についてお伺い致します。 定格容量P[kV⋅A]、定格電圧V[V]の星形結線の三相同期発電機がある。電機子電流が定格電流の40%、負荷力率が遅れ86.6%(cos30°=0.866)、定格電圧でこの発電機を運転している。このときのベクトル図を描いて、負荷角δの値[°]として、最も近いものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。 ただし、この発電機の電機子巻線の1相当たりの同期リアクタンスは単位法で0.915p.u.、1相当たりの抵抗は無視できるものとし、同期リアクタンスは磁気飽和等に影響されず一定であるとする。 (1) 0  (2) 15  (3) 30  (4) 45  (5) 60 翔泳社アカデミーの解説では、定格電圧と定格電流の二つをp.u.の基準にしています。 これは、同期リアクタンスのp.u.はオームの法則から電圧と電流が必要になるという認識でよろしいのでしょうか。 また、図1の一相等価回路において端子電圧がVとなっております。星形の定格電圧がV[V]の場合、一相等価回路の端子電圧は相電圧であるV/√3になるのではないでしょうか。 【参考】 翔泳社アカデミーの解説のリンク先は以下となります。 https://www.denken3.com/wp-content/uploads/2018/09/20180926_2018web_kaitoukaisetsu.pdf

2020/05/08 16:23

オームの法則ですが、正確には単位法でのインピーダンスの定義に定格電流が入っているので、仕方なく電流を置いているというイメージですね。それらは、1相当たりの起電力を求めるのに使っています。ここで、気を付けてほしいのが、今回求めるのはEの絶対値つまり??[V]ではなく、相位角を求めるのがゴールだということです。なので、優秀な人は単位のブロックを大きくして計算しやすくする方法(単位法)を使うでしょう。でも、使わなくても計算は複雑になりますが、解くことはできるし、混乱は少ないでしょう。単位法の難しいところは、ブロックというか塊をどうやって置くかは人によるということです。また、VとかAではなくpuになるので、具体的な計算がイメージしずらい点もあります。以下に載せた普通の解き方と単位法の解き方を見比べれば、普通の解き方の方が現象のイメージがわくのではないでしょうか? まとめると、普通の解き方だと電圧と電流を置くのは当然だと思いますが、単位法だとさらに、1puというブロックにひとまとめにして計算しやすくしたんですよね。 後半の部分はかなり難しい質問ですね。おそらく解説者さんはE,Vを相電圧とみているのだと思います。線間電圧と相電圧にはルート3倍の関係があるということはご存じかと思います。で、解説者さんの解説を見れば分かりますが、あくまで求めたいものは比率なので、両方とも同じ重み(片方だけ√3をかけるとかは差別!)にしているので結果的には同じ値になります。 私自身も単位法を完全に理解したわけではないので何とも言えないのですが、同じ重みのものは同じようにして扱うと思うのがいいと思います。 また、単位法もかなり難しい概念なので、普通の解き方でも解けるようにしておくと良いかもしれません。 まず、普通の解き方で解きます。結構略解です。なんとなく計算手法はイメージしやすいと思います

参考になった 5
   

part25 非対称v結線負荷三相交流に関する質問です。最後の問題が分かりません。 問題と私の考えを下記のリンクに貼っておきます 私の考え https://twitter.com/gausutarou/status/1257571952186671104?s=21

2020/05/06 09:04

いろいろ汚いのは、試行錯誤しまくったせいです

参考になった 1
   

part25 非対称v結線負荷三相交流に関する質問です。最後の問題が分かりません。 問題と私の考えを下記のリンクに貼っておきます 私の考え https://twitter.com/gausutarou/status/1257571952186671104?s=21

2020/05/06 09:03

問題のラストの問題ですね。私たちが思っている電力と瞬間電力を上手く切り分けられるかが問題ですね。なので、今回の作成者も前半は複素数の問題を解かせまくったのに三角関数かよ!と言わせる点で、結構人が悪いかもしれません。。。(汗)

参考になった 6
   

part25 非対称v結線負荷三相交流に関する質問です。最後の問題が分かりません。 問題と私の考えを下記のリンクに貼っておきます 私の考え https://twitter.com/gausutarou/status/1257571952186671104?s=21

2020/05/06 09:00

二枚目です。(3)の部分が汚いのは申し訳ないです。でも、やることはキルヒホッフ一択です。符号を間違えないよう慎重に

参考になった 5
   

part25 非対称v結線負荷三相交流に関する質問です。最後の問題が分かりません。 問題と私の考えを下記のリンクに貼っておきます 私の考え https://twitter.com/gausutarou/status/1257571952186671104?s=21

2020/05/06 08:59

今回はやることは凄く簡単なのですが、三角関数や複素数などかなり計算間違いをしやすい分野を多く含んでいるので慎重に計算をすべきですね。 (1)でつまずくと終わります(私は符号を間違えて(4)をすごく悩みました。)ベクトルでも解けることは有名ですね。あの三相交流の線電圧の大きさが√3倍になり、位相が30度ずれるやつですね。 (2)は条件を数式でまとめて方程式を解きます。私は実数をA,Bとおき、負荷を複素数の極形式で考えました。 電気工学系の学問では回転を重視するので、a+jbという形ではなく極形式(cosθ+jsinθ)の形にするのがいいでしょう。 (3)はキルヒホッフです。 (4)は難しいですね。(1)(2)でつまらない計算ミスをしていないことに加え、瞬間という言葉の意味を理解している必要があります。私自身30分くらい、共役複素数を使った有効電力、無効電力の電力計算をしていました。 でも、その考え方は間違っていると気が付きました。その理由は以下の加藤先生のサイトに載っております。 https://denki-no-shinzui.com/1143/ 有効電力、無効電力、皮相電力というのは、瞬間的な電力(tの関数)を平均化したものです。 平均する理由は、例えば、0秒の時だと100[W]の電力だったけど0.1秒のときは0[W]だったみたいなことが交流の世界では当たり前なので、人間が瞬間的な電力だけで考えると頭がおかしくなるからです。 ですが、今回は瞬間電力を求める問題なので平均化されて、時間の成分が残っていない計算、つまり共役の式は使いません。 なので、今回はその公式を知ってて偉いということにはなりません。。。。。。 そうと分かれば、瞬間電力を求めるために地道に電圧と電流を三角関数で表していく作業が待っております。 これは、基準となる位相を上手く定めればsinを使おうがcosを使おうがどちらでも良いと思いますが、 多分、慣習的にsinを使うと思います。あとは、三角関数を時間成分が打ち消し合うということを意識しながら計算していきます。 それには加法定理を使っても良いのですが、積を和の形にする公式を使えば鮮やかに解けると思います。 以下に、加藤先生の記事を載せておきますが、この公式は慣れが大きいでしょう。パワエレでも使いますが、 ゴールとしてどのような式にすべきなのかを考えると上手くいきます。 https://denki-no-shinzui.com/13374/ とはいっても私自身も、あまり上手くつかえてはおらず、最初は加法定理を変形して積和や和積を作ることから始めますが、、、 以下計算をまとめます。 1枚目です。計算を間違えないように慎重に行ってほしいです

参考になった 6
   

part22 相互インダクタンスに関する質問です。 4がわかりません それより上は何となく自信があります。 答えが同じでも違くても、全部解いて送って頂けると助かります。 一応私も解いているので、下記のURLに私の考え方を添付しておきます。 https://twitter.com/gausutarou/status/1256862396963905536?s=21

2020/05/06 08:21

定義を上手く利用します。

参考になった 2
   

part22 相互インダクタンスに関する質問です。 4がわかりません それより上は何となく自信があります。 答えが同じでも違くても、全部解いて送って頂けると助かります。 一応私も解いているので、下記のURLに私の考え方を添付しておきます。 https://twitter.com/gausutarou/status/1256862396963905536?s=21

2020/05/06 08:20

2枚目ですね。相互インダクタンスの定義式とにらめっこします

参考になった 2
   

part22 相互インダクタンスに関する質問です。 4がわかりません それより上は何となく自信があります。 答えが同じでも違くても、全部解いて送って頂けると助かります。 一応私も解いているので、下記のURLに私の考え方を添付しておきます。 https://twitter.com/gausutarou/status/1256862396963905536?s=21

2020/05/06 08:19

(1)ははしょりましたが、「電流密度一定」という条件よりアンペールの式で求めますね。導体外と内部で場合分けをして解きます。以下すべて導体外部の話なので、導体外の場合で考えます。(2)はフレミングの左手の法則ですね。コイルの上下部分は考えなくても良いので左右部分での電磁気力の合成をしますね。 (3)は相互誘導の定義式に沿って回答していきます。イメージとしては、一次側に電流が流れる→共通の磁束が生じる→2次コイルにファラデーの法則を利用して起電力が生じる。これを定量化します。(4)も起電力は足し算引き算できるので、重なるか打ち消しあうかのどちらかであると考えられるでしょう。つまり、相互インダクタンスは2倍になるか0になるかのどちらかです。

参考になった 2
   

part20 電場の問題です。 最初から分からなすぎて、泣きたいです。 最後まであってるかどうか不安なので皆様の解答を教えてください。 私も解いているので、私の考えを下記のリンクに貼っておきます。 https://twitter.com/gausutarou/status/1256480004889669632?s=21

2020/05/04 10:14

1枚目は、極座標を用いた座標変換で2枚目は私の考え方に似ているイメージで考えたやつですね。理論的にはどちらも正しい論理で構成すれば同じ答えになるはずですが、なかなか複雑ですね。専門出ないので、ちょっと分からないですが、1枚目は抽象度が高い場合に使うといいのでしょうか?回転や対称の変換などを数式で表現するので。 電位の基準点ですが、そうですね極座標変換をしようがx,y,z座標のどちらで考えても、反比例の積分になるのでlnが出てきてしまいますね。この場合は任意の点を選ぶので、x=aとかr=aとかを基準で考えるのでしょうか??

参考になった 1
   

part20 電場の問題です。 最初から分からなすぎて、泣きたいです。 最後まであってるかどうか不安なので皆様の解答を教えてください。 私も解いているので、私の考えを下記のリンクに貼っておきます。 https://twitter.com/gausutarou/status/1256480004889669632?s=21

2020/05/03 14:59

3枚目です。積分系よりは微分系の方が電荷を点と見れるので、電荷分布は求まりやすいのだと思います。

参考になった 3
   

part20 電場の問題です。 最初から分からなすぎて、泣きたいです。 最後まであってるかどうか不安なので皆様の解答を教えてください。 私も解いているので、私の考えを下記のリンクに貼っておきます。 https://twitter.com/gausutarou/status/1256480004889669632?s=21

2020/05/03 14:58

二枚目です。上手く対称性を使います

参考になった 3
   

part20 電場の問題です。 最初から分からなすぎて、泣きたいです。 最後まであってるかどうか不安なので皆様の解答を教えてください。 私も解いているので、私の考えを下記のリンクに貼っておきます。 https://twitter.com/gausutarou/status/1256480004889669632?s=21

2020/05/03 14:57

最初の問題は、電界は(x,y)ベクトルに平行つまり、半径方向に伸びたベクトルで、まとめると、 x-y平面上円対称な図形といえるでしょう。なので、答えはi,j,hですかね。(2)はx軸上なので、y=0 使わないですが、z=0ですよね。(3)はx-y平面の対称性より、第一象限だけ考えればよいことになります。(ⅰ)と(ⅱ)で場合分けをします。(4)はガウスの法則で、ベクトル解析の発散を使いますね。一応以下にメモ程度ですが略解をまとめておきます 1枚目は電界の分布で2枚目は電界、電位の定量化で3枚目は電荷分布です

参考になった 3
   

part21 ビオサバールに関する質問です。 c問題がわかりません。 問題とリンク先に私の考えを貼っておきます。宜しければ解いて送って頂けると助かります。https://twitter.com/gausutarou/status/1256509349012234245?s=21

2020/05/03 13:45

最初の問題のcは分からなかったです。でも分からないなりに答えと思われるものを出してみました。 電荷単体でのビオザバールの法則を立ててみたのですが、多分コイルの垂直方向には磁界は生じないと思います。磁界の向きとコイルの向きが水平なのでファラデーの法則より電圧が発生しないので多分0だと思います。 (でも、それだとa,bの問題の意味がなくなるので多分僕の考え方が間違ってると思うんですよね。ここはいろんな人に聞いてみて、正解に近い解き方を見つけたら、よかったら僕にも教えてほしいです。無限の位置と0の位置でエネルギー保存の法則を立てるとか?) 後半の(c)は鉄(磁性体)があるかないかです。確かに磁界と電流は比例します。コイルはね。でも、鉄ですよね。鉄に磁石をこすりつけると、磁石になるという実験を子供の時にしたので、それを思い出しながら解いていました。何が言いたいのかというと、鉄に磁場をたくさんかけたからと言って、必ずしも磁束がその分だけ比例して増えまくるわけないんですよ。(飽和磁化ってやつです) https://www.google.com/search?safe=active&sxsrf=ALeKk00z3LAqXr4hL8ntkH1OYEqEQ3Ks9g%3A1588480530468&ei=EkquXumGHI-JoATK6Lgg&q=%E9%A3%BD%E5%92%8C%E7%A3%81%E5%8C%96&oq=%E9%A3%BD%E5%92%8C%E7%A3%81&gs_lcp=CgZwc3ktYWIQARgBMgQIIxAnMgQIABBDMgIIADIECAAQQzIECAAQQzICCAAyBAgAEEMyAggAOgYIABAEECU6BQgAEM0COgQIABAKUKURWJlEYPtVaARwAHgAgAH8AYgB0BqSAQYwLjE1LjSYAQCgAQGqAQdnd3Mtd2l6&sclient=psy-ab ヒステリシスループという言葉を聞いたことがあれば、理解は早いと思います。電験業界では、私は苦手ですが有名ですね。 答えとしては、磁性体が無ければ、アンペールの法則(磁気オームの法則)により一定になるが、磁性体(鉄)は 磁界が増えたとしても、磁束は一定値に収束するという性質(飽和磁化)があるので、題意のような実験結果になる。 とかですかね(少し自信ないです)

参考になった 5
   

電験二種の取得を目指しています。 皆様の電験二種合格体験記を教えてください。 合格に費やした時間や使用した参考書、 取得後にキャリアチェンジした人や 社内評価が変わった人などいましたら 教えていただきたいです。

2020/05/01 11:54

最後に電験の勉強で必要なことをまとめておきます 1.使った参考書や問題集などはっきりどうでもよく過去問が解けるかどうかが重要(最悪覚える。特に論説模範解答を書きなぐれば、合格点は来るはず) 2.極端に苦手な分野を作らない (特に2次試験は、電験3種やエネルギー管理士レベルの問題と電験1種レベル!?みたいな問題が玉石混交になっているということが過去問を解けば分かると思います。例えば、数学が難しいとされる自動制御は去年はエネルギー管理士の過去問くらいのレベルでした。このように、1単元まるまる捨てるのではなく、誘導機の過渡現象が出たら諦めようとか、現代制御がでたら諦めようみたいに、とりあえずどの分野も簡単な問題なら解ける!みたいな状態で試験にのぞむ方がいいです) 3.論説はあまり良い方法なのかわかりませんが、googleの画像検索や過去問、参考書の丸暗記の活用(もがきまくれば現場を知らない不幸な人間(私)でも、何とか戦える気がしました) 4.過去問で一喜一憂してもいいが、結局合格不合格は試験日にならないと分からない(とにかく、過去問を解くというよりも過去問から学ばせていただくと思った方がいいのかもしれません) 最後に試験もご存じの通り超難しい資格ですので精神衛生面の管理がある意味一番大切といえるでしょう。

参考になった 7
   

電験二種の取得を目指しています。 皆様の電験二種合格体験記を教えてください。 合格に費やした時間や使用した参考書、 取得後にキャリアチェンジした人や 社内評価が変わった人などいましたら 教えていただきたいです。

2020/05/01 11:54

電験2種の勉強方法についてメインで話そうと思います。私自身は、1次試験用にメインの参考書としては 「菅原先生の電験二種攻略 一次重要事項と二次論説」を使いました。なぜ、菅原先生の本を使ったかというと、この本には、問題演習がほとんどなく、レイアウトも正直そこまでよろしくないのですが、約4000円の本なのに、理論、電力、機械、法規の情報をすべて網羅していたからです。 でも、それだけだとまずいということが過去問を5年分解いてみて分かったので、これだけシリーズの電力と機械と電験2種電気数学を使いました。 これだけシリーズは分かりやすく勉強はしやすかったけど結局は過去問で対策しなければならないといった感じでした。数学対策と理論対策としては、電験2種電気数学を使いました。これは、モノクロで、難しいのですが、紙田先生というすごい方が書かれている本で、おそらく例題さえやれば、電験2種の現代制御以外の分野の数学力は余裕で付きます。 でも、普通は、これだけなどの分野別の本4冊と数学用の本を使うべきだですね。あとは、過去問です。15年シリーズを使ってバンバン解きました。 理論は大学の電磁気学の授業で被ってた部分が多くあまり解きませんでした。(あえて言えば難しくてほとんど使わなかった、菅原先生の計算の攻略の理論分野のうちの自分が苦手な磁気分野と得点源の過渡回路らへんを解いた感じです。) 法規は15年解きました。 理由としては、棚卸しのケンタさんと同様の理由で、参考書だと、覚えた気になってしまうからという理由と数年周期で使っている法律は同じで穴埋めの箇所だけが違うという問題がめちゃくちゃ出てたからという理由ですね。 あと、気を付けてほしいのが1次試験は理論以外電験3種と同レベルというのは、意外と違うということです。電力は電力円線図、ノーズカーブ、4端子定数も過去に出題されましたし、機械においては、レベルが高い2次顔負けのブロック線図の計算問題や電機子反作用の深い理解が求められる選択問題も出たことがあるので、過去問を十分に解いておくことも大切だと思います。とにかく、1次試験を突破しなければ2次試験は行けないという思いがあったので、6月から8月くらいまでは、エネルギー管理士の勉強と電験2種1次対策と数学力強化をやっていました。(個人的には、数学力や1次試験慣れのためにエネルギー管理士と同時受験がいいと思います。) 2次試験は、参考書はキーワードorこれだけに基本的に限るとは思いますが、私は、電験3種の知識+αで分かりそうなこれだけシリーズを使いました。論説は電力管理だけやりました。論説は演習問題、基本問題、例題の間にはほとんどレベル差が無かったので、3周紙に分からなくてもいいから、写経しました。そして、分からない用語などは、参考書やネットで調べました。主にネットが多かったかもしれません。電力管理と機械制御の計算は、まずは理論となる数式や図を参考書をみながら写して、見ないでもかける部分が70%くらいになるように何度も書きました。その次に、その理論を用いた、基本問題や余裕があればより難しい演習問題を解きました。気を付けてほしいのが、これだけシリーズの難しい演習問題が100%解けるのがゴールではないという点です。なので、なんとなく、基本的な部分は理解できたと思ったらなるべく早く過去問に当たることです。そうしないと、私のように2次試験直前の2週間で5年分意識がもうろうとした状態で解くようなことになります。

参考になった 9
   

part19差動増幅回路に関する質問です。 最後の問題の解き方が分かりません。 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1251398123508822016?s=21

2020/04/18 20:50

3枚目です。電流源に流れる交流電流は0として考えます。というよりも、電流源を重ねの理をつかって解放させます。 今気が付いたのですが、前半部の抵抗のRgを無限大にするということとほぼ同値なので、(5)は抵抗の時の考察が使えるかもしれません。

参考になった 3
   

part19差動増幅回路に関する質問です。 最後の問題の解き方が分かりません。 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1251398123508822016?s=21

2020/04/18 20:47

二枚目です。×は無視してください

参考になった 3
   

part19差動増幅回路に関する質問です。 最後の問題の解き方が分かりません。 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1251398123508822016?s=21

2020/04/18 20:41

これは、かなり難しいですね。結構悩みました。前半部は、交流成分のみ考えるという方法で行けます。つまり、電圧源を0にすればよいと。このとき、キルヒホッフを立てるのがかなり難しくなります。等価回路で考えるのはいいとして、どこにアースがつながっているのか?というのをよく考えないとドツボにはまります。(実際かなり悩みました) 後半の電流源に置き換える問題は、最初、電流源に流れる電流が分からないと解けないと思ってたんですよね。 言い換えると、電流源に流れる「直流電流」が分からないと解けないと思ってたんですよね。 これで分かりましたよね?交流成分を考えるので、この電流源の交流成分は、0[A]ですよね。こう考えていくと、答えが求まるはずです。これを解いていくと、入力電圧の差に比例した出力電圧が発生します。 これが、差動増幅回路の原理というわけですね。つまり、オペアンプの事です。

参考になった 5
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:54

ラストです。初期条件に気を付けてください。 計算が間違ってたら、各自直してみてください(汗) あと、画像被ってたりずれてたりしてないですよね。

参考になった 3
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:52

9枚目です。当たり前ですが微分方程式をといて直接代入しても良いですね。 重要なのは、解けない人でもエネルギー保存の法則から答えは出るということです

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:51

8枚目です。枚数とかずれてないですよね(汗)

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:50

7枚目です (1)で考えたのと同じモデルが使えますね

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:39

6枚目です 置換積分ですね

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:38

五枚目です。ここで、キルヒホッフの法則とエネルギー保存の法則が等価であることを示しています。 直流電動機でも使う考え方なので、覚えておくといいかもしれません

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:36

ラプラス変換は早いですね

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:35

3枚目です 変数分離ですね

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:35

二枚目です。(2)の方法で、特殊解と定数項が0の時の任意の解を足すという微分方程式の線形性を利用した方法で解いています

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:33

1枚目です

参考になった 2
   

過渡現象の問題です。t=Tにおける、解き方がよく分かりません。今回は自分の考えを見せるのは恥ずかしいので、乗せていませんが、教えて下さい。あと(2)なんですが出来れば、1/2LI^2を使わずに積分で求めて欲しいです。大学のやり方で全て理解したいので、、 なるべく丁寧に説明してくださると嬉しいです😆 お願いします。

2020/04/17 16:31

(1)から(4)まで、基本的に全部同じ解き方です。 キルヒホッフの法則に特殊な処理をして積分するとエネルギー保存の法則になります。つまり、キルヒホッフの法則とエネルギー保存の法則は同値だといえます。なので、(2)(4)は電流が未知数でもキルヒホッフの法則さえ立てられれば、解けるでしょう。一応、電流を微分方程式で求めてから解説している解答も載せておきました。部分方程式の解き方は、ある意味本質的には一つなのですが、それについても少し説明しておきます。 多分以下の3パターンをよく使うのかなと思います (1)変数分離で解く方法 これは、電流だけの式と時間だけの式に無理やり分ける方法ですね。 (2)解がある程度わかっている場合。 I(t)=Ae^(-ct)という解を持つと分かり切っている場合はそれを代入します。これは数学的には微妙です。なぜなら、他の解がもしかしたら存在するかもしれないが、それについてはどうやって説明するんだという問いが生じてしまうからですね。しかし、電気工学の場合、先人の知恵によって、I(t)=Ae^(-ct)以外の答えは、観測されていないということが分かりきっているので、とりあえずこれで正解だと考えていいでしょう。(これは、分野、人の好みによりけりですね) (3)ラプラス変換を用いる場合 (1)(2)と途中式が地味に似ていることから(1)(2)の苦労を肩代わりしているという考え方です。ラプラス変換の凄いところは、初期条件が0であれば、高速で解が求まることです。この考え方は自動制御でも使われてますね。 伝達関数、安定度の判別、周波数伝達関数、ブロック線図などですね。ちなみに、電気回路だけでなく、古典力学でも使います(エネルギー管理士の電気分野の問題にもありました。たしかH25です) まとめると過渡現象の問題の肝は、 1.キルヒホッフの法則をしっかり立てること。 2.初期条件を意識して、"解ける場合"は解けるかどうか確認すること(電気工学の場合大多数は解くことができると思いますが) 3.エネルギー保存の法則とキルヒホッフの法則は同値なので、微分方程式を解かずともエネルギーの関係が理解できる。 4.時定数の次元などを確認することも役立つ。たとえば、指数の累乗部分は単位のないただの数であるということを意識すること(これにつきましては、ケンタ先生のサイトを参考にするといいでしょうhttps://den1-tanaoroshi.com/sensory-solution)

参考になった 3
   

part15 ガウスの法則に関する問題です。 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります (3)番から自信ないです😭 私の考えのリンク先↓ https://twitter.com/gausutarou/status/1250691277785460736?s=21

2020/04/16 23:29

2枚目です。


part15 ガウスの法則に関する問題です。 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります (3)番から自信ないです😭 私の考えのリンク先↓ https://twitter.com/gausutarou/status/1250691277785460736?s=21

2020/04/16 23:29

(1)はどこにでもある問題なので省略します。しいて言えば、球の内部と外部でガウスの法則を立てる。という感じですかね。外部の場合は電界一定で、内部の場合は電荷密度と4/3π r^3をかけるだけですね。球対称なので、半径にしか電場の大きさは依存しないので、計算はかなり単純化されるはずです。 (2)は自分自身、ガウスの法則の積分系しか使ったことがなかったので、積分系で攻めました。対称性より、電場の大きさはrにのみ依存します。ゆえに、微小体積は2πr dr z ですが、z=1とあらかじめしておけば楽そうだったのでそうしました。 (3)はポイントとしては、電場がrにのみ依存しているということに気が付くことですかね?これが分かれば、rだけの積分で面積が求められますね。(c)は、(b)から自明ですが、図を書いてみれば明らかですね。


火力は2極水力は十数極と極数が違い、発電出力が火力の方が大きいのですが理由はなんでしょうか?曲数によって出力は変化するのですか?

2020/04/16 22:28

出力は、理論的に曲数で変化しないです。出力は機械的な回転エネルギーをどれだけ電気エネルギーに変換できたかで決まります。なので、発電機効率と回転エネルギーで出力は決まると考えていいでしょう。(本当は、もっといろいろな要素がかかわりますがここでは省略します。)発電機の周波数はN=120f/p[min^-1]という式を用いて、計算します。この式を変形すると、f=pN/120ですね。つまり、周波数を一定にするためにはpNをうまい値にしなければなりません。周波数は50,60HZなので、これに合わせます。Nが大きい火力発電では、もちろんpを2か4という最小値に設定します。(磁極はS,N極なのでp=1,3はあり得ません) Nが小さい水力発電では、分かっているとは思いますがpを高めに設定させてあげなければいけません。 単に火力発電のほうが出力が大きいというのは、一般的に機械的出力が水力発電と比べて大きいからだと思います。 (pは磁極数です)

参考になった 8
   

part16ダーリントン接続されたコレクタ接地回路??に関する質問です。 まず、(3)からあってるのか自信がないです。 小信号回路はこれであってるのか教えてください。(全部解いて頂きけると嬉しい) 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1250717859593908224?s=21

2020/04/16 22:08

最後です。結局はキルヒホッフをうまく使いこなせるかがカギになりそうですね。!

参考になった 4
   

part16ダーリントン接続されたコレクタ接地回路??に関する質問です。 まず、(3)からあってるのか自信がないです。 小信号回路はこれであってるのか教えてください。(全部解いて頂きけると嬉しい) 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1250717859593908224?s=21

2020/04/16 22:07

5枚目です。

参考になった 3
   

part16ダーリントン接続されたコレクタ接地回路??に関する質問です。 まず、(3)からあってるのか自信がないです。 小信号回路はこれであってるのか教えてください。(全部解いて頂きけると嬉しい) 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1250717859593908224?s=21

2020/04/16 22:07

4枚目です

参考になった 3
   

part16ダーリントン接続されたコレクタ接地回路??に関する質問です。 まず、(3)からあってるのか自信がないです。 小信号回路はこれであってるのか教えてください。(全部解いて頂きけると嬉しい) 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1250717859593908224?s=21

2020/04/16 22:06

3枚目です

参考になった 3
   

part16ダーリントン接続されたコレクタ接地回路??に関する質問です。 まず、(3)からあってるのか自信がないです。 小信号回路はこれであってるのか教えてください。(全部解いて頂きけると嬉しい) 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1250717859593908224?s=21

2020/04/16 22:05

二枚目です

参考になった 3
   

part16ダーリントン接続されたコレクタ接地回路??に関する質問です。 まず、(3)からあってるのか自信がないです。 小信号回路はこれであってるのか教えてください。(全部解いて頂きけると嬉しい) 問題と私の考えを貼っておきます。答えがないので、解いてdmやリプで送って貰えると助かります。 答えが同じでも送ってくれると助かります ↓私の考えのリンク先 https://twitter.com/gausutarou/status/1250717859593908224?s=21

2020/04/16 22:05

この問題は、エミッタフォロワー増幅という入力電圧と出力電圧がほぼ等しいという特殊な回路と2つのトランジスタをつなげたダーリントン接続という技術を使っています。 エミッタフォロワー増幅は入力インピーダンスは無限大で出力インピーダンスがほぼ0という特性を持っています。つまり、電圧源のように負荷に依存せずに大電流を流せるので、安定した出力を出すことができます。 一方で、ダーリントン接続というのは、レンズを2枚使用すると、倍率が2つのレンズの倍率の積になるのと同じように、電流増幅度を膨大にすることができる手法です。増幅度は、近似計算をすれば、2つのトランジスタの電流増幅度の積になるとみなせます。 (4)については、交流信号単体では増幅できないので、入力信号は直流電源を用いて適切にバイアスをかけてあげなければなりません。今回の場合、その電圧はR1,R2で適切に管理されています。また、バイアス回路の種類については今回の場合は、安定度が高いと言われる電流帰還バイアスを使用しています。安定度が高い理由は、バイアス電圧は、この2つの抵抗と電源電圧のみに依存するからです。 なので、増幅率を考えるには、直流成分と交流成分を分離して考える必要があります。そこで、重ねの理を使って考えます。交流成分の場合、高周波なので、コンデンサの場合はインピーダンスを0として考えます。 一方で、重ねの理より、直流電源は「電圧源」としてみなすのでショートさせて考えます。 まとめると、今回の問題は前半部がダーリントン接続関連の問題で後半部がエミッタフォロワー増幅の問題で、その性質について、等価回路を用いて説明するといった問題ですね。 (個人的に、計算が間違っているような気がしますので、そこのところはお許しください。)

参考になった 3
   

part13大学院入試の問題です。 (2)はアドミタンスではなくて、合成インピーダンスの虚部が0でも成り立つと思ったのですが、そっちでもいいと思いますか? 自分も解いているので下記のリンク私の考えも貼っておきますが、答えがないので、全部解いてくださると嬉しいです😆 https://twitter.com/gausutarou/status/1250085255609896960?s=21

2020/04/15 13:01

アドミタンスとインピーダンスは逆数の関係なのであってますよ。私自身、アドミタンスでも直接計算はできますが、インピーダンスの方がなじみがあるので、インピーダンスの式を立ててからそれを逆数にしています。 偏角が-1倍になるんですよね。なので、実数のアドミタンスは実数です。 (4)の電流の最小値というのは電流の絶対値の最小値つまり、電圧固定なので、アドミタンスの絶対値の最小値で求めます。 最後の周波数の比は、実際だと、リアクトルのは抵抗成分があるので、ノイズキャンセリングの技術を使う時にどれだけ誤差が出るのかの評価に使うんだと思います。 大学院の入試と電験の試験は被ることは多いと思いますが、多分大学院入試の方が、抽象度、厳密性が高いのだと思います。電験の範囲はあくまで、結果が分かっているものが試験に出ますが、大学院の場合、本当にこのような現象が存在するのかということも考えねばならないため、解答までのプロセスが多分すごく大変なんだと思います。 変圧器の効率計算にも最小定理を使いますが、本来は微分を使うべきなのかもしれません。しかし、先人たちが、最小定理を使っても効率計算はできるという経験があり、今のところそれで何ら問題はないか最小定理を使っているのでしょうね。

参考になった 5
   

ある大学の大学院入試の過去問題です。一応、解いてはいるのですが方針だったり考え方が合っているかを知りたくて投稿しました。 内容 無限遠方で繋がっているという解釈があっているのかが、微妙なところです。 私の考えも貼っておきますが、解いてくださると嬉しいです😆 https://twitter.com/gausutarou/status/1250085065020735488?s=21

2020/04/15 12:36

つながっているはおかしいと思います。一応解いた答えは多分Twitterに上がますが、計算自体は、質問者様の考えであっていると思います。 ケーブルというのは等価回路で、コイルとコンデンサで表すことができます。今回はコンデンサの分は考えなくてもよいという問題です。イメージとしては、芯の導体と外側のテープ状の導体の間に磁束が生じて、ファラデーの法則、レンツの法則によって、電流とは逆向きに起電力が発生するという考え方ですね。 なので、もちろん負荷が無ければ、I=0ですね。等価回路について示しておきます。

参考になった 5
   

ある大学の大学院入試の過去問題です。一応、解いてはいるのですが方針だったり考え方が合っているかを知りたくて投稿しました。 特に問4が微妙な感じです。一応、私の考えも貼っておきますが、解いてくださくると嬉しいです😆 https://twitter.com/gausutarou/status/1250066756535816200?s=21

2020/04/15 11:52

(1)(2)は、クーロンの法則と電位の積分 電荷保存則を満たすようにつじつまを合わせる (4)は、電界の式に、誘電率を代入する。それを積分して電位の式へ(電界はガウスの法則によってすぐに立式できるが、電位はそうはいかない、電位のクーロンの法則はあくまでも、一定の誘電体の場合に限るので。) (5)Q=C(V_a-V_b)に代入する 恐らくやり方はそれくらいしかないと思います。

参考になった 5
   

誘導起電力に関する問題です。特に最後の問題がわかりません。

2020/04/14 19:02

https://twitter.com/arairuca/status/1249995176870699008?s=20でも一応解答は載せました。 最後の問題は、抵抗のジュール熱を求めるのですが、方法は2つあります。 1.抵抗が消費したエネルギーはどこから供給されているのかを考える方法。 コイルを動かすために与える仕事(エネルギー)ですよね。 エネルギー保存の法則より、「発生するジュール熱」と「コイルを移動するために必要な仕事」はこの”理想的な”条件下だと等しくなっていなければなりませんよね。 xをbから2bに引っ張るための仕事の合計を求めます。 Fはxの関数なので、もちろん積分を使用します。 2.直接、ジュール熱を求める方法 抵抗に流れる電流がxの関数として求まっているので、消費電力(1[s]でどれだけのジュール熱を生み出すか?) は、R{I(x)}^2で求められますね。それを時間tで積分するという考え方です。 しかし、それでは、変数がx,tの2つになってしまい積分できませんね。ここで、文字をどちらかに統一しなければなりません。x,tどちらに統一しても答えは求まりますが、今回は問題のヒントを尊重して、xで統一しました。 これは、いわゆる置換積分という手法です。 自分自身解き方は自信がありますが、計算ミスしている場合もあると思うので、よく確認してみてください。 以下に簡単な解き方のイメージを載せます。(一応2つの方法で計算してみて答えが一致したのであっているとは思います) 最後に、自分自身最後の公式は使いませんでしたが、これは積分をしやすくするための工夫の1つです。部分分数展開ですね。

参考になった 7
   

電験三種を本格的に一発合格を目指してるところで今理論、電力を勉強してます。そこで今気になってるのが電力、機械、法規の覚える所がすごく多い印象があり、どう対応すればいいのか、どう覚えたのかが気になってます。 教えてほしいです。お願いします。 取得している資格は 一種電気工事士 2級電気施工管理技士 消防設備士甲種4類を取得済みです。その3つの資格は電験に関係してるかも聞きたいです。

2020/04/05 13:24

機械って範囲が広いですよね。 1.回転機(直流機 同期機 誘導機) 2.変圧器 3.パワエレ 4.自動制御 5.その他(電熱 照明 信号処理 通信) 1は、難しい 変圧器と誘導機で関連付けられるか? フレミングの法則 磁界、右ネジの法則を復習しながら読み込んでいく感じですかね。同期機、誘導機は電力と被るので暗記が使えるかもです。 2は、理論と電力で被るかな? 3は、回路がどうしてこのような波形を出力するのか?ということを考えながら理論のトランジスタ、ダイオード辺りを復習すればいいと思います。 4.は自分自身は交流のインピーダンス、複素数辺りを復習していましたね 5.は過去問をみながらできそうなのを探していくといいでしょう 1から5を順番にやっていくというルールはないので、そこら辺をうまく考えながらやっていく感じですかね。

参考になった 8
   

2020年度の第二種電気工事士試験(5月31日)を受験するのですが 新型コロナウイルスの影響で中止になると思いますか?

2020/03/28 01:45

中止か延期になる気がします。やっぱり"国家"資格かつ人数が多いので。なので、いつも通り勉強すればいいと思います。暗記物は試験前にやると受かりやすいです。なので、それまでは、計算をしっかりやりましょう。 似てる言葉はうまくまとめましょう。 例えば、交流、直流とか。 三角形書くのはどっち?とか 何で、扇風機はコンセントの向きを逆にしても同じ向きに回転するのとか、 蛍光灯と電球の違いとか、 コンデンサの容量は並列だと貯める電気を分担できるから大きくなるとか、 抵抗を直列に繋げると、流れる道が長くなるから抵抗が大きくなって電流が流れにくいとか、 交流は、最大値は高いけど、それは一瞬だけだから"実"際に"効"果のある"値"は最大値よりも小さくなりそうですよねとかとか。 そんな感じで、自分なりに考えながら進めていくといいと思います。そうすれば忘れにくくなるので、おすすめです。要は今年中止でも来年(あるかな?)受かればいいんです。理想は語呂合わせでもいいので、仮に来年になっても、得た知識をどうすれば忘れないかということを自分なりに考えればいいと思います。

参考になった 6
   

電験三種の機械について サイリスタとは、どのようなものですか。

2020/03/28 01:18

ダイオードの親分みたいなものです。図記号もにてますもんね。でもなんか髭見たいな線が出てると思うのですが、そいつが重要です。npn と pnp型というのトランジスタで等価回路がかけます。髭に電流を流すとnpnがオンになります。次に、pnpのベースがマイナス極と繋がるので、pnpもオンになります。そうすると、仮に、npnのベースに信号が入らなくても、pnpがonのままなので、ずっとonの状態が続きます。 フリップフロップ、リレーの自己保持回路と同じ原理です。ある意味、オンという情報を入力に戻してあげるという意味ではフィードバック制御とも言えるかも知れませんね。 とりあえず、サイリスタは髭(gateという)に信号が一瞬でも入力されたら、本体の電源が消える(電源の正負が入れ替わる)まで、onになってダイオードに化けるよ!という装置です。オフの時はダイオードとちがって電流は流しません。 この性質をうまく使えば、ダイオードと同様に交流を直流に直せるます。また、髭に信号を入力するタイミングをうまく制御できたら、電力を制御できんじゃねと考えた人もいたんだと思います。 かまぼこを包丁で切るイメージ。 もっと言うと、水道の蛇口を開閉しまくって水量を調整するイメージ。 長くなりましたが、サイリスタは整流回路などで使われており電力という水を蛇口で高速で開閉して、電力を調整するといった働きがあります。

参考になった 5
   

今年から電験三種に挑戦します。 私は文系出身ですが、文系でも合格は可能でしょうか? まずは理論に絞って勉強をしようと思いますが、 勉強時間の目安など教えてください。

2020/03/24 23:14

とりあえずキルヒホッフを完璧にしてください。 あと高校数学のベクトルの加法、内積と余弦定理(3電圧計測定)、三角関数、指数対数(過渡回路、増幅率) の公式、解き方を覚えてください。高校の一番簡単なレベルの本ができればよいです。数学が苦手でも、ベクトルの加法、sin,cosについてはなんとなくわかるよってレベルまで上げ解いた方が良いです。ネットや動画、漫画などでいいのでこれだけはマスターするみたいな気持ちで。。電力、法規は被っている点もあり暗記の部分んもあるのでそこはお任せします。機械は選択問題もあるのでうまく戦略を立てるのもありかもしれません。複雑な計算がない証明を選ぶとか敢えて公式を丸暗記してパワエレとか、そこはいろいろ人によってあると思います。 最後に、裏技ですが、交流回路ってベクトル書いてる人たくさんいますがあれって、キルヒホップの法則をベクトルの和で表してるんですよね。あと、数学が得意なら、複素数を使えばインピーダンスの公式を覚えるだけで送れ進みどっちだっけ問題は解決します。

参考になった 4
   

電験三種の合格者の方に質問です。 みなさまの合格体験記を教えてください。 勉強時間や環境など参考にしたいです。

2020/03/24 22:59

大学1年時点に取りましたね。理論は高校物理とほぼかぶっていたので、電子物性以外はほぼ勉強してないですね。スターデルタ変換、ミルマンの定理といった公式の証明もキルヒホッフの練習問題として使ってましたね。 機械の電気化学は高校化学と被っていたので2種、エネ管も含めて勉強してないですね。ベルヌーイの法則、欄金サイクルといったものも高校までの知識と大学教養で補った感じですね。使えるものを集めてたらたまたま受かったという感じですね。法規は、過去問での文章を書きなぐたりしてました。あと、理論、機械の選択問題は一応全部選べるようにしてゆとりをもって試験に臨みました。なので、自分が他の人に比べて何が有利かを考えてみるといいかもしれません。例えば、変電所に勤務していらっしゃるお方なら、実際に変電所を見たという経験があればその点では私より優位ですね。自分は本やネットの画像を信用するしかないので。。

参考になった 4
   

磁気回路とはどのようなものですか?

2020/03/24 22:46

極論アンペールの法則の変化版ですね。多分オームの法則には原理レベルでは無関係(いや、関係あるかも?)な気がします。でも、熱オームの法則はオームの法則と似てそうだたら関係あるのかもしれません。原理的には磁界って電流に比例するよね。というのを式変形して表してったらオームの法則っぽくなったという感じですね。詳しい計算方法は画像に載せます。nとNの違いに気を付けてください。Nは2倍、3倍といった解釈でよいので単位はなくNI[A]といった感じになります。μが電気版オームの法則で導電率のイメージを果たしていますね。この法則の一番良い点は本来は、磁気の問題はビオザバールの法則、アンペールの法則といった大学レベルの数学、物理学の知識が必要な理論を用いなければ解くことができない問題をこのように、比例反比例といったレベルの知識で解けるようにしてしまうといったことですかね。それでも磁気回路は難しいですが(汗)

参考になった 3
   

キュービクルの仕組みは、どのようになっているのですか?

2020/03/24 22:23

実務経験はないのですが、ヒューズと遮断機の違いについて、イメージですが述べていきます。良ければ参考にしてください。ヒューズは、交換をする必要があるが、それだけで、大電流を自動的に遮断してくれます。しかも事故が生じにくい施設では初期投資も安価でランニングコストも安価なので優秀でしょう。一方で遮断機(たちは)電流を常に計測する装置(変成機)、電流が大きい場合はそれを遮断機に伝える装置(継電器)、遮断機といったものが必要になります。なので初期投資や十分なスペースがあるかどうか、も考える必要がありますが、一回きりしか使えないといったことがないです。

参考になった 4
   

第二種電気工事士の勉強をしています。 フレミングの法則の原理について分かりやすく解説いただけませんか。

2020/03/24 22:10

右手の法則は人生で5回くらいしか使ったことが無いので、左手の法則の原理的なものをお話しします。前提知識として、1."電流が流れると時計回り磁界が生じるという右ねじの法則"と2."磁界の向きはNからS"ということを覚えといてください。また、物理学全般というか、この世の摂理というか、3."この世のものは基本的に密度が濃い(強い)状態から密度が低い状態(弱い)状態に、移動する"という宿命があります。コーヒーに角砂糖の例が最も有名だと思います。写真の汚い図があると思いますが、X印は私たちから見て遠ざかっていく向きに電流が流れていることを意味しています。そうすると、時計回りに磁界が生じますよね(1より)。次に、永久磁石から生じる磁界の方向はN→Sですよね(2より)。そうすると、右側は磁界と磁界が足し算をして濃くなります。でも左は打ち消しあいますよね。そうすると、濃い方から薄い方に移動するので、左方向に導体棒は動くという理論を覚えやすくしたのがフレミングの左手の法則です。ちなみにこの理論は電験2種とかで出る電機子反作用という死ぬほど難しい原理の基礎となる考え方なので、かなり難しいと思います。 右手の法則については冒頭でも述べた通り、別の方法で解いているので需要がありましたら書こうかと思います。

参考になった 3
   

自動周波数制御は、どのような働きをするのですか?

2020/03/24 21:49

直流と交流どっちが偉いかと聞かれたら、電力会社の人だったら電圧が容易に変えられる交流、電子回路が専門の人なら直流て答えると思います(多分)。このように、交流と直流もどっちも偉くて一長一短なんですよね。交流は変圧器さえあればご存じの通り電磁誘導、ファラデー法則とかでとりあえず電圧と電流を自在に安価でいじれます。ただ、交流モーターの場合は、回転数がもろに系統周波数の影響を受けます(N=120f/p)なので、系統の周波数がずれたらどうなりますか?簡単にいうと、同じモーターでも東京では50回転だったのに大阪では60回転するという恐ろしいことが起きてしまいますよね?もしそれが機械式時計だったら?精度が重要な機器だったら...........そういうことを考えて、交流では常に同じ品質の電力を送るために電圧、電流だけでなく、周波数、位相、力率、結線方式といったことまで考えなければなりません。なので、その品質を管理するための方法の一つとして自動周波数制御があるわけですね。ちなみに手動では絶対できません。1秒間に数十回もの処理はさすがに無理ですよね。余談ですが、周波数が高くなるとコンデンサに必要以上の電流が流れてしまい破損するということも考えられますね。とにかく様々な装置(全ての装置といっても過言ではない?)は、定められた周波数で動作するように作られています。なので、それが乱れると大変なことになるので、発電機の回転数を一定にすることで、周波数を制御しているのです!

参考になった 1
   

電車の電線は高圧と聞いたことありますが 何か発生する電波障害はありますか?

2020/03/24 21:24

世の中にはエネルギー保存の法則というのあり、エネルギーを別の形に変換するときは銀行の手数料みたいに、総量は変わってないけどロスが生じます。そのロスが電波になったり熱になったりするわけですね。なので、いろいろな誤解をしてしまうかもしれませんが、電流が流れているところは、電波が生じていると考えて問題はないでしょう。というと、基本的にこの世のものは電子レンジだろうがケーブルだろうが何であれ電波を出していることになるでしょう。なので、問題はどのようなものがやばいのか?ということですね。文字通り大量の電流を流す設備や特殊なノイズを出してしまう装置とかが怖そうですよね。交流モーターは速度を制御するために半導体を用いているということはご存じかもしれません。その半導体だってロスが生じますよね。そのロスが電波になる可能性だって十分にありますよね。なので、それらの対策には遮蔽(その損失エネルギーを吸収してしまう)や設置場所を変更するといった方法が考えられます。あまりないと思いますが、その複雑な電波を打ち消すような電波を生成する装置を使用するというのも考えられますが、難しそうですよね。

参考になった 2
   

電位傾度とは何ですか? 電位傾度が大きくなるとどうなりますか?

2020/03/24 21:03

V=Edという公式があるように電界(E=V/d)は、電圧が高くてかつ2点間の距離が短い場合に強くなります。電界が強くなるということは、クーロンの法則(F=qE)から分かるように電荷(厳密には自由電子)が移動します。つまり1m当たりの電位が高い(電位傾度が大きい)程電流が流れやすいということになりますね。 また、光と電磁波は最も通りやすい経路を通るという性質があります。これで反射、屈折の法則などを説明できるのですが、 もしあなたがケーブルに流れている電荷でさっさとアースに流れたいとしましょう(とくに電位傾度が高いときはアースに帰りたくてしょうがないというイメージ)。被膜中に、整備不良でできた水滴があったとしましょう。まじめに負荷の道を通って帰るのが面倒になりませんか?そうして被膜がショートするわけですよね。一般的に水トリー現象といいます。運動会の徒競走で指定のコースを走らずに最短距離を走って怒られる子供みたいな? なので、ズルが起こらないように、運動会だったらコースに線を引くとかしますよね。なので電気の世界でもズルが起きないように"全体の"絶縁強度を高めます。 補足 スキーで考えると分かりやすいかもしれないです。 高度差=電位差、斜面の傾き=電位傾度で絶縁破壊は傾きが垂直になってるイメージです。

参考になった 3
   

電験三種の機械について 直流機とは、どのようなものでしょうか?

2020/03/04 11:08

正直言葉での説明より動画とか調べた方が分かりやすいと思うのですが、直流が作れる磁界って基本的なにもしない限りにずっと一定なんですよね。これってただの電磁石というか永久磁石みたいなものなのですが、永久磁石のみで供給電力なしのモーターって絶対作れないんですよ。だって引っ張るか押し出すの片方しかできないのにどうやって回転するんだよって言う話です。交流電流では、特に三相交流では磁界が回るように120度ずつ変化するじゃないですか。これを回転磁界というのですが、かご型と同期電動機とかはこの原理を利用してるんですよね。磁界の変化を回転に変えているのです。直流電動機もこれを見習わないといけないので、自身の持つとりあえず半回転はできるという性質を使ってモーターの軸の慣性を用いてうまくコイルに流れる電流を変化させているんですよね。 いい加減に言えば磁束がまあある意味、回転磁界ぽくなるんですよ この電流の変化つまり正と負を交互に切り替えるために整流子とブラシを使うのですが、これが機械的なので怖いですよね。火花とかバチっと来そうです。動画とかでもあると思います。しかもそんな火花とか出たら系統とか絶対ダメージを受けるので今は機械的接触がないかご型誘導機が回転器のシェアを占めてるんですよねー🐬

参考になった 9
   

電験三種の機械について変圧器の構造や特徴を教えてください。

2020/03/03 21:53

変圧器というのは基本的には一時側に流れる電流が磁界を作りその磁界の変化によって生じる誘導起電力によって二次側に電圧を送っているというものですね。(ファラデーの法則)ゆえに、直流では流れる電流は常に一定なので、電圧を変化させることは変圧器では基本不可能とされています。(インバータというとんでもなく高価なものを使えば直流でも電圧を変化させることは可能) 一言で言えば1次側の電気エネルギーを磁界のエネルギーに変換してから2次側の電気エネルギーとして供給している訳ですね。 なので無負荷でも、微小ではありますが1次側ではコイルから磁界や逃れられないジュール熱といったエネルギー損失が生じてい るので、無負荷でも一定の損失(鉄損、無負荷損)が発生しています。まあ、変圧器の待機電力ですね。また、この世の物体のほぼすべてには抵抗があるので、電流流せば流れる電流の二乗に比例するジュール熱が生じます。このように、負荷を接続してしまったがゆえに生じてしまう損失を負荷損または銅損といいます。なので、これらを踏まえて変圧器の効率を計算します。ちなみに、負荷損と無負荷損失が一致するときに効率が最大化になるのですが、これは最小定理(相加相乗平均)で証明できます。 最後に、補足なので読んでも読まなくてもいいですが、 厳密には無負荷損=鉄損、負荷損=銅損 ではないです。だって、無負荷なときでも無駄な磁束(磁界)損失だけでなく銅でできた1次側コイルのジュール熱もありますからね。 でも、学び始めは、 おんなじだと考えて頂いて問題ありません 以上です。長文失礼致しました

参考になった 9
   
コメント一覧
2020/05/31 00:35

そうですね、n型半導体はドナー準位からですね。真性半導体とごっちゃになっていましたね 参考になるところだけ上手く抜き取って欲しいですm(_ _)m


2020/05/31 00:23

そうですね!申し訳ないです。 正直電子物性あんまり得意ではなくて、、 以後気を付けます


2020/05/30 16:02

すいません 序盤の、 もしくは、n型半導体はそれ以前に正孔が接続する前にすでに大量にあるからだと考えられます の文章意味不明ですね。 n型半導体では、価電子帯から電子が飛び出て伝導体に行きます に直してください。。 あとn型半導体は、電子の方が孔子よりも多いという説明の方がいいですね。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%A1%E9%9B%BB%E5%AD%90%E5%B8%AF


2020/05/10 09:01

辛いでしょうがここが踏ん張りどころでございますm(_ _)m


2020/05/10 08:59

単位法はなかなか難しい概念で私も完全には理解してはいないのですが、基本理論と比較することで何か得られるかもしれません


2020/04/19 07:45

電気量を演算や増幅に使うか否かという感じですね。 コイル、コンデンサ、抵抗のみだと難しそうですね。 個人的にどうしても知りたいのは、 リレーが能動素子にあたると断言していいのかです。 マクロな視点で見ればトランジスターとリレーはほぼ似たような性質を持つということに、勉強したての人は気がつきにくいと思うんですよね。形状や使用電圧も全然異なりますもの。 そこらをきっちり、決めておけば勉強したての方がトランジスターの物性らへんでつまずくのを防げると思うんですよね。

参考になった 3
   
2020/04/17 23:25

原子力発電について、一般教養レベルでしか知識はないのですが、原子力発電も構造的には火力発電レベルの回転数にはできるはずです。しかし、ご存じの通り、安全性からそんなことはできず低速回転でないとダメですよね。火力も確かに理論的には4極や2極にすることはできますが、周波数を管理するシステムが複雑になる、もしくは、安全だと分かっているのに、火力を落として、結果的に回転数が下がる(やかんのお湯みたいなイメージ)もしくは、蒸気が通る弁をわざと閉めて出力を下げるといった無駄なことをしなければならないため、結局は今のシステムが有効なのだと思います。まとめると、 水力発電 回転数が遅いので周波数を一定にすべく極数も小さい 火力発電 回転数が速いので周波数を一定にすべく極数も大きい 原子力発電 理論的には、回転数を速くすることは可能である。だが、安全性も考慮して、わざと低速にしているため極数も小さい。採用に当たっては、効率の悪さ、安全性、燃料費といったものを合理的に考える必要がありますね。


2020/04/17 19:13

Fが一定という条件なら変化しますね。 例えば、火力と水力が同じ機械的入力の大きさP[w]だとしましょう。 火力はvが大きいので、Fが小さくなります。 別のケースを考えてみましょう。 Fが一定の場合、 火力はNが大きいので、Pも大きくなります。 水力は、Nが小さいので、Pが小さくなります。 質問者様のおっしゃりたいことは分かります。スピードが速ければ速いほど、発電電力が上がるという考え方は、直感的です。しかし、Fが火力と水力で変わるのかどうか?についても考えなければなりませんね? 同じエンジンをつんだ軽トラと大型トラックでは、軽トラの方がスピードは速いでしょう。しかし、消費エネルギーは、軽トラのほうが大きいのですか?という質問に質問者様の質問は近い気がしました。 間違ってたらごめんなさい。

参考になった 1
   
2020/04/05 13:11

そうですよね。個々の会社だけではなく、交通機関含め社会全体のシステムを見直していかなければならないですよね。気の遠くなる作業です。

参考になった 1
   
2020/04/05 13:09

素晴らしいです!昔の方法だと無駄が多いくせに残業という辛さが残ってしまいますね。新しい方法を採用して、みんなが定時で帰れるような居心地のよい会社になればいいのですが、 、、

参考になった 1
   
2020/04/05 13:05

そうですね、まずは法制度に引っ掛からなさそうな巡回ロボットを使うというのも出来るかもしれないですね。 技術的には自動運転とかも可能かもしれないというご時世にその技術を応用できないのもなんかねといった気持ちです

参考になった 1
   
2020/04/05 13:02

法制度の壁みたいなものはどのような業界にもありそうですね。安全性と効率化をどうバランスとっていくかが重要ですね。個人的には優秀な技術者が、印鑑を押すだけとかの単純作業をするのはおかしいと思います。もっと自分達にしかできない仕事をしてほしいのです。

参考になった 1
   
2020/03/03 22:06

一応、説明されていないところを初学者なりに説明させて頂きますと、 直流送電は常に一定の電流を供給するので遮断するのが難しいです。新品の鉄棒を曲げるようなもの 交流の場合は、サインカーブを描くので0になる地点が必ず存在するのでそこで遮断します。まあ一部が錆びまくった鉄棒をへし折るにはどうすればいい?という話です。 また実効値100ボルトの交流の最大電圧は141ボルトになりますが、直流の最大は100ボルトですよね。つまり絶縁性が直流だと楽になるんですよね


ブログコメント一覧
2020/06/05 16:40

いつの間にこんなことを??? すごすぎですーーー


2020/06/05 16:38

すごいことになってる


2020/05/19 14:42

ありがとうございます!


2020/05/19 00:39

目的を細かくする。重要ですね

参考になった 1
   
2020/05/13 11:37

せっかく取った資格や技術をただ、自分の将来の安定のためだけにしまっておくのは凄くもったいないし残念だと思ってしまいます。 私も今年1種が受けられるかどうか分かりませんが申し込んでみようかと思います!


2020/05/13 11:02

アプリ化待ってます!


2020/05/08 16:42

私自身も企業や副業といった新しい仕事の体系には興味があります。なので、このような斬新な働き方を垣間見るということは大変勉強になります。 私自身も微力ながらサポートますので、これからの働き方、勉強方法がいかに変わっていくのかを楽しみにしております。 正解が分からず、なかなか一筋縄ではいかないかと思いますが、応援しております!

参考になった 1