新しいことに挑戦する難しさ

2020/05/09 16:17
イルカ PRO 電験二種

私自身、電気科ではないのですが、電気工学の魅力として技術が体系化されているので、基本的にどんな現象も理論的に説明ができてしまうという美しさがあると思います。それと引き換えに、あまり斬新的な技術革新といった心躍るようなすごい技術というのは、なかなか生まれないのかなと思います。やっぱり、生物学やコンピューターサイエンスのように、分からないことが多すぎて100年後どうなるのか全く見当がつかない分野と異なり、経済性、安全性が最終的なゴールである、この分野は「理論」のうえでは、少し寂しい気がしました。
しかし、最近だと電験王先生やケンタ先生、加藤先生といった方々をはじめ、電験革命の池田先生や青山先生といった方々の有志で、勉強法やモチベーションも上がりやすくなっています。
そう考えてみると、やはり電気工学は、仮に完成したとしても、電気と人間のかかわり方はまだ未完成なのかもしれないですし、そこに携わる人がいてもいいのかもしれません。

このサイトだって、専門レベルの知識を共有したいという思いからできたはずです。

やっぱりまだ完成してないんですよね

主に考えられるのは、他分野との融合な気がします。

  • 例えばですが、電気的に安全だけではなく、より使いやすいデザイン性のあるスイッチを考えたり、
  • リモートで作業ができるようするためにはどうすればいいのか?を考えたり、
  • 厚い辞書みたいな本を毎日電車で運びながら勉強するのではなく、通勤用はpdfファイルなどを使って勉強する(家では本やノートやタブレットで復習)

などといった、改革が少しずつ進んでいく気がします。

最後に、これからの時代で求められるのは、資格をとってオワリとか、すごいことをしたからオワリではないような気がします。

最近批判されているハンコ文化のように技術者、使用者、研究者が余計なことで、想定外の不利益を被ってやる気をなくしてしまうといった社会を作らないようにしていくべきです。

とはいっても安全性も極めて重要な概念なので、うまくバランスを取るべきですが。

#雑学
イルカ PRO 電験二種
🐬です ツイッターしてます @arairuca

 コメント(2)

2020/05/09 21:12
みんなのデンキ@社長 電験三種、エネルギー管理士、電気工事士
いつもありがとうございます! 人生にゴールは無いですね。 資格を取っても 就職しても 起業しても 常に目標を掲げて頑張ることが重要かと思います!
2020/05/13 11:37
イルカ PRO 電験二種
せっかく取った資格や技術をただ、自分の将来の安定のためだけにしまっておくのは凄くもったいないし残念だと思ってしまいます。 私も今年1種が受けられるかどうか分かりませんが申し込んでみようかと思います!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

おすすめブログ